「タグ・ホイヤーが培ったノウハウと最新の技術を結合」

タグ・ホイヤーがGoogle&Intelと提携しAndroid Wearスマートウォッチ開発

編集部:杉浦 みな子
2015年03月20日
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤー(Tag Heuer)は、Googleおよびインテルとの提携を発表。Googleのスマートウォッチ向けOS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチを開発し、Tag Heuerブランドから市場投入するとアナウンスした。詳細時期や価格、販売地域等は明らかにされていない。

発表時の様子

本件は、スイス バーゼルで開催されている時計の見本市「Baselworld 2015」で発表されたもの。プラットフォームは上述の通りGoogleのAndroid Wearで、ハードにはインテル製プロセッサーが採用される形になる。「タグ・ホイヤーが機械式時計製造で培ったノウハウと、最新のテクノロジーを結合する」とのこと。

これにより3社は、ソフトウェア面とハードウェア面でそれぞれの専門知識を結集し「ユーザーの生活とシームレスに繋がりながら、ラグジュアリーさも持ち合わせるスマートウォッチの開発を目指す」としている。

タグ・ホイヤーのジャン・クロード・ビバー氏は今回の提携について「スイスの時計製造における“信頼性”と、シリコンバレーの技術による“革新性”の結婚である」という旨をコメントした。

なおこのほかにも、「Apple Watch」リリースと前後し、ガジェット系メーカーだけではなく時計専業ブランドからスマートウォッチ市場への参入が正式発表されてきている。ブライトリングがクロノグラフ機能付きの「B55 CONNECTED」、Swatchがデジタル表示タイプの「Swatch Touch Zero One」を発表したことが既に各所で伝えられているほか、フレデリック・コンスタント、Alpina、MondaineがそれぞれMotion X OSを搭載するアナログ時計デザインのモデルを発表している。

関連記事