画面が回転するVAIO Fitに11型モデルを追加

ソニー、新“VAIO”4シリーズ13機種 − Win8.1/Photoshop Elements 12など搭載

ファイル・ウェブ編集部
2014年01月28日
ソニーは、Windows 8.1搭載でAdobe Photoshop Elements 12をプリインストールした同社製パソコン“VAIO”新モデル4シリーズ13機種を2月22日より順次発売する。

今回の新機種では、ディスプレイ部が回転することにより3つのスタイルで使用できる「VAIO Fit」に11.6型モデルを追加するなどした。ラインナップはVAIO Fit 11A(1機種)、VAIO Fit 15E(3機種)、VAIO Duo 13(1機種)、VAIO Pro11(2機種)、VAIO Pro 13(1機種)、VAIO Tap 11(2機種)、VAIO Tap 21(3機種)の13機種。それぞれの詳細は下記の通り。

VAIO_Fit

■VAIO Fit
●VAIO Fit 11A 2月22日発売
・SVF11N19EJS ¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)

●VAIO Fit 15E 2月22日発売
・SVF15329EJW ¥OPEN(予想実売価格175,000円前後)
・SVF15328EJW ¥OPEN(予想実売価格145,000円前後)
・SVF15327EJW・B ¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)

画面が回転することで、通常のキーボードモード、タブレットモード、タブレットをスタンドに立てかけたようなビューモードの3スタイルで使用できるノートパソコン“VAIO Fit”。新たに11.6インチモデルをラインナップに追加した。

11インチモデルも液晶はフルHDで、トリルミナスディスプレイfor mobileやIPS液晶を採用。タッチ操作にも対応している。CPUにはCeleron N2920(1.86GHz)を採用し、ストレージはSDの128GB。メモリは4GB。

15.5インチモデルはCPUなどが異なる3機種を用意。Core i7 4500U(1.80GHz)を採用した最上位のSVF15329EJのみタッチ操作にも対応している。SVF15328EJはCPUにCore i5 4200U(1.60GHz)、SVF15327EJはPentiumu 3556U(1.70GHz)を採用している。なお、ストレージは3モデルともHDDで容量が1TB。上位2モデルがBDXLドライブを、エントリー機SVF15327EJはDVDスーパーマルチドライブを搭載している。

■VAIO Duo
●VAIO Duo 13 2月22日発売
・SVD13238EJW・B ¥OPEN(予想実売価格180,000円前後)

VAIO Duo 13は、前モデルからスペックは変更していないが、付属ソフトはAdobe Photoshop Elements12とVAIO InspirationSuite 3になった点が特徴。CPUはCore i5 4200U(1.6GHz)で、メモリが4GB、ストレージが128GBのSSD。なお、LTE内蔵モデルは2013秋モデルを継続販売する。


■VAIO Pro
●VAIO Pro 13 3月8日
・SVP13229EJB ¥OPEN(予想実売価格170,000円前後)

●VAIO Pro 11 2月22日発売
・SVP11229EJB ¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)
・SVP11228EJBI ¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)

VAIO ProもCPUなどスペックは従来から継続で、OSをWindows 8.1に、付属ソフトをPhotoshop Elements 12にしたことが変更点。全モデルともメモリーは4GBで、ストレージはSSDの128GB。

ディスプレイは13.3型モデル、および11.6型モデルの上位機SVP11229EJBがタッチ操作に対応。なお全モデルとも光学ドライブは搭載していない。

■VAIO Tap
●VAIO Tap 11 2月22日発売
・SVT11229EJB ¥OPEN(予想実売価格185,000円前後)
・SVT11228EJB ¥OPEN(予想実売価格170,000円前後)

●VAIO Tap 21 3月8日発売
・SVT21229EJB ¥OPEN(予想実売価格205,000円前後)
・SVT21228EJB ¥OPEN(予想実売価格185,000円前後)
・SVT21227EJB ¥OPEN(予想実売価格165,000円前後)

通常のPCスタイルとタブレットスタイルの両方で使用できるVAIO Tapでは、ノートPCのVAIO Tap 11に新たにLTE内蔵モデルSVT11229EJBを追加。VAIO Tap 11の2モデルはLTE対応の有無以外のスペックは共通で、CPUにCore i5 4210Y(1.5GHz)を採用し、メモリは4GB、ストレージが128GBのSSD。なお、新たにIEEE 802 acに対応した。

デスクトップサイズのVAIO Tap 21は、CPUなどが異なる3モデル。全モデルがタッチパネル操作に対応している。ストレージはSVT21229EJBとSVT21228EJBの上位2モデルがハイブリッドHDDを採用しており容量は1TB。この2モデルは外付け光学ドライブもBDXLに対応している。

エントリー機SVT21227EJBはストレージに通常HDDを採用しており、容量は1TB。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ。なお、最上位のSVT21229EJBは前モデルでは8GB×1だったメモリを新たに4GB×2に変更している。その他2モデルのメモリは従来から変更せず4GB。

関連リンク

関連記事