「ものづくりへの情熱」表現

ソニー、「VAIO」に直販限定のプレミアムモデル「red edition」

ファイル・ウェブ編集部
2013年06月10日
ソニーは、同社製PC“VAIO”のプレミアムモデルとして、特別な塗装を施したレッドカラーモデル「VAIO | red edition」を直販限定で6月22日より順次発売する。

VAIO Fit 15 | red edition「SVF15A1A1J」 6月22日発売
VAIO Fit 14 | red edition「SVF14A1A1J」 6月22日発売
VAIO Pro 13 | red edition「SVP1321A1J」 6月22日発売
VAIO Pro 11 | red edition「SVP1121A1J」 6月22日発売
VAIO Duo 13 | red edition「SVD1321A1J」 6月29日発売

VAIO | red edition

独自技術によって異なるモデルでも同じ色合いを実現

直販サイトでユーザーが好みの仕様を選択して購入する販売スタイルのため、価格は選択したスペックによって異なる。おおよその目安として、店頭モデルと同等のスペックにした場合は約3万円高になるイメージだという。

同社が培ってきた「ものづくりへの情熱」を赤という色で表現し、専門職人による多層塗布と手磨きによる特別色を採用。UVコーティングも施したことで、耐久性の向上に加え、色味をより明るく見せることも可能になった。これらにより、カーボンやアルミなど色付けが難しい異なる素材でも同じ色味を表現するといったこだわりを投入している。

さらに、有償のサポートメニューにも「red edition」購入者限定プランを用意。月額525円または年額4,725円で提供している「まるまるアシスト」では、通常は9時から20時までの訪問時間であるところが24時間対応になったり、通常は18時で終了する電話相談受付時間も21時まで特別に延長される。

そのほか、吉田カバンとコラボレーションした「VAIO Duo 13 | red edition」専用ケースも別売で用意。製品同時購入者限定で販売する。

関連記事