HOME > ニュース > 女子プロゴルフ、11年ぶりの優勝を飾った藤田さいきのウィニング・パットが動画に

感動の瞬間を一緒に味わいたい

女子プロゴルフ、11年ぶりの優勝を飾った藤田さいきのウィニング・パットが動画に

2022/11/22 PHILE WEB
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
11月17日(木)から11月20日(日)の4日間、愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山にて開催された、JLPGAのトーナメント大会「第41回大王製紙エリエールレディスオープン」。本大会では、ベテラン選手の藤田さいきが優勝を飾った。

藤田さいきは2006年にプロテスト合格、2011年の「富士通レディース」まで5回の優勝を重ねてきたが、その後の11年間は優勝がなかった。

2022年度のレギュラーツアーでは、「第41回大王製紙エリエールレディスオープン」まで30試合に出場。10位以内が6回、うち3回は2位を獲得していた。

そのひとつ、1打差で2位となった6月の「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」では、首位をキープするパーパットを外したグリーン上で、一気に力が抜けたように尻餅をつき、座り込んだことも記憶に新しい。

20日の「第41回大王製紙エリエールレディスオープン」最終日、1打リードで迎えた最終ホール。ウィニング・パットを決めた瞬間の藤田さいきは、こぶしを強く握り、グリーン上でしゃがみ込んだ。さまざまな思いが溢れ出ているのが、テレビの画面を通じても感じ取れるようだった。

10月末の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」での、金田久美子の11年ぶり優勝など、ベテラン勢も躍進する今年の女子プロゴルフ。藤田さいきの11年ぶりの優勝の瞬間が、JLPGAの公式Twitter上で動画公開された。その感動をもう一度味わってみてはいかがだろうか。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク