HOME > ニュース > Divoom、ピクセルアート表示ショルダーバッグの第2弾「PIXOO-SLINGBAG-V」

6リットルサイズのショルダーバッグ

Divoom、ピクセルアート表示ショルダーバッグの第2弾「PIXOO-SLINGBAG-V」

2022/04/08 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ワイズテックは、同社が取り扱うDivoomブランドから、ピクセルアートを表示できるショルダーバッグの新モデル「PIXOO-SLINGBAG-V」を4月13日より発売する。価格は11,800円(税込)。

「PIXOO-SLINGBAG-V」

「PIXOO-SLINGBAG-V」は、LEDパネルを搭載し、16×16のピクセルアートを表示できるショルダーバッグの第2弾モデル。専用アプリ「Divoom PIXELART」から、Bluetoothでバッグ本体と接続することでデザイン表示が可能。また、色調も基本色から明度/彩度まで調整できる。なお、LEDパネルの発光には、別途モバイルバッテリーの接続が必須となる。

専用アプリから好みのピクセルアートを表示できる

表示させるピクセルアートは、ユーザー自身で作成したものに加え、アプリのギャラリー内にて世界中のユーザーがアップロードした作品を選択することも可能。アプリのギャラリー内での「いいね」や、コメント機能も搭載する。また、最大60コマまでのアニメーションも作成/表示可能なほか、お気に入りのデザインは、最大12種まで保存することも可能だ。

バッグ本体は薄型ながら、11インチまでのタブレットなども収納可能な6リットルサイズを確保。IP23規格の撥水性能もサポートし、急な雨などに降られても安心としている。

LEDパネルの連続発光時間は、5,000mAhのモバイルバッテリーを接続した場合で約6時間。Bluetoothバージョンは5.0、外形寸法は355W×215H×115Dmm、質量は690g。

なお本製品の発売に先駆け、ピクセルアーティスト・asahaの初個展「『くるくるアニメ工場』powerd by Divoom」が、東京・台東区のTOKYO PiXEL. Shop&Gallaryにて2022年4月13日から4月24日まで開催。加えて、関西初となるDivoomのポップアップショップを、大阪・此花区のシカクにて2022年4月29日から5月22日まで実施予定としている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック