初のOGG化含む61枚を収録

『遊☆戯☆王』海馬が使う“あのアタッシュケース”が発売決定!青眼の白龍4枚入り「ULTIMATE KAIBA SET」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部
2021年09月14日
人気漫画『遊☆戯☆王』の原作25周年を記念し、作品を代表するモンスターである「青眼の白龍」3枚を豪華ディスプレイケースにセットにした『遊戯王OCG デュエルモンスターズ 25th ANNIVERSARY ULTIMATE KAIBA SET』の発売が決定した。価格は33,000円(税込)で、「コナミスタイル」および「コナミカードゲームステーション サテライトショップ」にて完全受注生産での販売となる。予約受付期間は2021年9月21日から10月31日まで、発売は2022年4月を予定する。

『遊戯王OCG デュエルモンスターズ 25th ANNIVERSARY ULTIMATE KAIBA SET』

「青眼の白龍」(シークレットレア仕様)3枚セットをディスプレイケースに額装。このケースには『原作25周年ロゴ』が箔押しされる。

「青眼の白龍」(シークレットレア仕様)が3枚ディスプレイできる

さらに、作中で海馬瀬人が使用した全カード61枚をウルトラレアで収録。このうち「攻撃誘導アーマー」「削りゆく命」「機械じかけのマジックミラー」の3枚は、待望の新規OCG化となるカードとなる。また、特典カードの「青眼の白龍」のほか、使用カードとして「青眼の白龍」が1枚、合計4枚の「青眼の白龍」が収録されており、原作シーンの再現も可能となっている。

しかも、これらのカードは “あのアタッシュケース” に収録される。アタッシュケースは約7,000枚を収納できる超大容量のストレージケースにもなり、初登場シーンのあのインパクトを再現可能なサイズとデザインだ。外形寸法は約514W×392H×120Dmm(本体80/蓋40 ※鍵・取手・底凸を除く)で、質量は約7kg。素材はアルミニウムを採用する。

実用面ではカード整理用として1列につき2枚、計14枚の専用セパレータ付きで、蓋側にはベルトを設置し、ラバー製デュエルフィールドを2つ折りにして収納することができる。

【収録カードリスト】
■特典カード
・青眼の白龍 3枚

■海馬使用カード
・攻撃誘導アーマー(※新規カード)
・削りゆく命(※新規カード)
・機械じかけのマジックミラー(※新規カード)
・青眼の白龍
・ダイヤモンド・ドラゴン
・ジャッジ・マン
・復讐のソード・ストーカー
・鉄腕ゴーレム
・逆転の女神
・ガジェット・ソルジャー
・ルード・カイザー
・ブラッド・ヴォルス
・X−ヘッド・キャノン
・ランプの魔精・ラ・ジーン
・ミノタウルス
・ガーゴイル・パワード
・ケンタウロス
・グラップラー
・サイクロプス
・ガーゴイル
・闇・道化師のサギー
・オベリスクの巨神兵
・仮面魔獣デス・ガーディウス
・カイザー・グライダー
・暗黒の眠りを誘うルシファー
・デスグレムリン
・ブレイドナイト
・Y−ドラゴン・ヘッド
・Z−メタル・キャタピラー
・ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−
・邪悪なるワーム・ビースト
・マジック・ランプ
・青眼の究極竜
・XYZ−ドラゴン・キャノン
・XY−ドラゴン・キャノン
・ミノケンタウロス
・死者蘇生
・融合
・『守備』封じ
・催眠術
・ドラゴンを呼ぶ笛
・クロス・ソウル
・黙する死者
・天声の服従
・コストダウン
・命削りの宝札
・デビルズ・サンクチュアリ
・収縮
・エネミーコントローラー
・巨大化
・闇・エネルギー
・魔法吸収
・死のデッキ破壊ウイルス
・ホーリー・エルフの祝福
・破壊輪
・魔法除去細菌兵器
・亜空間物質転送装置
・クローン複製
・闇の呪縛
・最終突撃命令
・攻撃の無力化

関連記事