独自技術「Clear Brewing Method」を採用

バルミューダ、0.2ml単位でドリップするコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年09月08日
バルミューダは、コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」を10月7日に発売する。価格は59,400円(税込)。

「BALMUDA The Brew」

「目が覚めるようなストロングな味わいとクリアな後味を実現した」とする、ドリップ式のコーヒーメーカー。独自技術「Clear Brewing Method」を採用し、科学の目線でコーヒーの香り、味わい、後味を追求することで、力強く鮮やかな一杯を実現したという。

設置イメージ

Clear Brewing Methodの具体的な内容としては、蒸らし・抽出・仕上げといった過程ごとの温度制御、0.2ml単位の正確なドリップ制御を搭載。さらに、豆から雑味成分が溶出するタイミングを図ってドリッパーへの注湯をストップし、第2の抽出口から仕上げの加水を行うバイパス注湯機能を備える。

デザインについては、オープンドリップ式を採用することで、コーヒーを淹れている様子を見ることが可能。本体素材には、硬質な金属部分と、マットな質感のブラック部分を組み合わせた。また、本体上部にはオレンジ色のランプを配置、抽出中には古時計の振り子をイメージした音を再生する。

オープンドリップ式を採用

一度に最大3杯までのドリップが可能。サーバーは真空二重構造のステンレス製で、容量は約500mlとなる。また、水タンクの容量は約490ml。

ほか、抽出モードとして、REGULAR、STRONG、ICEDを搭載。ホットカフェオレやアイスカフェオレ、ウインナーコーヒーなど、各モードを活用したアレンジメニューも推奨している。外形寸法は140W×379H×297Dmmで、質量は約3.4kg。

関連記事