8畳用と12畳用を展開

アイリスオーヤマ、同社初となるBluetoothスピーカー内蔵型LEDシーリングライトを発売

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2022年01月14日
アイリスオーヤマは、Bluetoothスピーカーを内蔵したLEDシーリングライト「CEA-2108DLSP」(8畳用)「CEA-2112DLSP」(12畳用)を、1月15日(土)より全国の家電量販店およびホームセンター、ECサイトにて発売する。価格は8畳用が16,280円、12畳用が21,780円(共に税込)。

「CEA-2108DLSP」(8畳用)

同社製品としては初めてBluetoothスピーカーを内蔵した、10段階の調光・調色が可能なLEDシーリングライト。本体はスピーカーを内蔵しながら約2.0kg、高さ10cmと軽量・薄型を実現。取付時の面倒な配線も不要となっており、女性でも容易な設置が可能だと同社はアピールしている。

スピーカー部は、フルレンジユニットによる1ウェイ1スピーカー/バスレフ型構造を採用。インピーダンスは4Ωで、アンプの実用最大出力は3.0W。Bluetoothのバージョンは5.0、コーデックはSBC、プロファイルはA2DPをサポートする。最大8台までの端末とペアリング登録でき、複数のスマートフォンやタブレット、家族や友人で共用したい場合でもスムーズに機器を切り替えられるとしている。

照明部に関しては、光色は電球色〜昼光色相当。定格寿命は40,000時間。器具光束は8畳用が4,200lm、12畳用が5,200lm。定格消費電力および発光効率は8畳用が39.0W、107.7lm/W、12畳用が47.0W、110.6lm/Wとなる。その他、常夜灯、メモリー機能、おやすみタイマー(15分・30分)を搭載。取り付け用スペンサー(角、丸)、リモコンが付属する。

付属する操作リモコン

関連記事