対応ウェア・アクセサリーのライセンス提供も開始

ソニー、“着るクーラー”の次世代モデル「REON POCKET 2」。冷却機能を強化

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:川田菜月
2021年04月22日
ソニーは、冷却機能を強化したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 2」を本日4月22日より発売する。価格は14,850円(税込)。

REON POCKET 2

スマートフォンアプリで操作することで、本体接触部分の体表面を冷やしたり温めたりできるウェアラブルデバイス「REON POCKET」の次世代モデル。

使用イメージ

「REON POCKET」は、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program/SSAP」から開発された商品で、クラウドファンディング開始1週間で目標額の6,600万円を達成し、事業化を経て2020年に一般販売を開始している。なお、ファイルウェブでは実際の使用レビュー記事もお届けしている。

今回発売される次世代モデル「REON POCKET 2」では、駆動回路を新設計。これにより、サーモモジュールにより大きな電力を付与することが可能となり、小型・軽量サイズながら、従来比で最大約2倍の吸熱性能を実現する。

体表面に接触する冷温部には高い強度を備えながら、冷たさを伝えやすいステンレススティール「SUS316L」を用いている。

さらに耐汗、防滴に配慮した設計を採用。肌に密着する冷温部にはシーリング処理を施し、電気基板やデバイスなどのさまざまな内部部品にも耐汗・耐水シーリング処理を施しており、ゴルフやウォーキングなどの軽度な運動時にも使用でき、アクティブな活用シーンが広がったとしている。

また、現在展開されている専用インナーウェアと専用ネックバンドに加えて、本体に装着可能なREON POCKET対応ウェア・アクセサリーのライセンス提供も開始。商品の冷却機能を損なうことなく、ファッション性も兼ね備えたアイテムがパートナー企業から発売されるという。

対応アイテムには「REON POCKET CERTIFIED」のロゴを付与し、本体の吸気・排気構造に配慮したデザインと本体の格納部に日光を吸熱しにくい色を採用するとのこと。同社は、アクセサリー類を拡充することで、ライフスタイルに合わせて様々な用途に対応するとしている。

関連リンク

関連記事