ブラウザーとiPad用アプリで動作

ソニー、ロボットトイ「toio」にプログラミング学習サービス

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年03月17日
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ビジュアルプログラミングアプリを中心とした新サービス「toio Do」を本日3月17日にリリースした。

「toio Do」

「ゲームやロボットであそんだりいじったりしているうちに、いつのまにかプログラミングやSTEAMが身近な原体験になる」ことを目的とした新サービス。ブラウザー版(Windows/Mac向け)と、アプリ版(iPad)を用意する。4月にはChromebook版アプリのリリースも予定する。

利用料金は無料だが、動作させるには同社の体感型ロボットトイ「toio コア キューブ」が必要。アプリとBluetooth接続することで、toio Doを起動した数分後にはプログラムからロボットが動き出すという。

「あそぶ」「つくる」という2つのサンプルプログラムが用意され、「あそぶ」ではミニゲームや便利な道具などのサンプルを用意。もう一つの「つくる」では、プログラミングの基本やロボット工学入門といった、つくることを目的としたサンプル集となっている。

関連記事