専用カートリッジも同時発売

ソニーの体感型ロボットトイ「toio」、3月20日に正式発売。2度の発売延期を乗り越え

編集部:小澤貴信
2019年01月17日
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、ロボットトイ「toio(トイオ)」を日本国内向けに3月20日より発売する。価格は16,980円(税抜)。

「toio」

合わせて、toioの専用タイトルとして「トイオ・コレクション」「工作生物 ゲズンロイド」「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」も同時発売される。価格はいずれも5,980円(税抜)。

また、本製品とtoio専用タイトル「トイオ・コレクション」(5,980円・税別)をセットにして割引した数量限定商品「toioバリューパック」を19,980円(税抜)にて同日より発売する。

toioは、「toioコンソール」(コンソール)とリング型コントローラー「toioリング」(リング)、キューブ型ロボット「toioコアキューブ」(キューブ)で構成。このtoioに専用タイトル(カートリッジ)を組み合わせることで、アクションゲームやパズルゲーム、プログラミングや工作などが楽しめる玩具となる。同社は「枠にとらわれない自由なあそびを楽しむことができる新しいプラットフォーム」と紹介している。

専用タイトル「トイオ・コレクション」を組み合わせての遊戯イメージ

このtoioは2017年6月に発表され、ソニーのクラウドファンディング&ECサイト「First Flight」で同時に期間限定の先行発売が実施(関連ニュース)。当初は2017年12月に発売が予定されていたが、その後、2度にわたって発売が延期されていた(関連ニュース)。今回、正式発売が決定したかたちだ。

なお、今回発売されるtoioは、First Flightを通じて先行発売された商品との互換性がなく、First Flightで先行購入したユーザーに対しては無償交換プログラムが提供される。

無償交換プログラムの手続き等については、公式サイトの重要なお知らせにて案内される。

前述のようにtoioはコンソール/リング/キューブで構成、キューブは、おもちゃやブロック、工作物で様々な形に姿を変えることができ、絶対位置センサーや高性能モーターなども搭載。プレイマット上の位置と向きをリアルタイムに検出することで、インタラクティブなあそびを実現する。

また、コンソールとの通信によって、複数台のキューブを連動させたり、動きに特殊な効果を与えたり、様々なルールやシナリオ、アルゴリズムに沿った動作が可能となる。

リングからは、片手で手軽にボタン・方向キー入力の入力が行え、さらに傾けたり振ったりなどの動作で、キューブを直感的に操作できる。

専用タイトルも3つが同時発売。「トイオ・コレクション」は、別売りのレゴ製品や日用品などを使って工作したファイターをキューブにつけて戦う『クラフトファイター』、音楽に合わせて動きをプログラムする『リズム&ゴー』、相手のしっぽを踏み合う『スカンクチェイサー』、おはじきを使ってあそぶ『フィンガーストライク』、自由にあそびをつくれる『フリームーブ』と5種類の遊びが楽しめる。

「工作生物 ゲズンロイド」は、紙工作をつけて動きのプログラムを注入すると、未知の生命体(19種類)が動き出すというタイトル。“ピタゴラ装置”で知られるクリエイター集団「ユーフラテス」による動きの工作ブックとなる。

「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」は、プログラミングの3つの基本要素(順次、分岐、反復)が楽しみながら身につく冒険絵本。かわいいロボットが絵本の上を動き、プログラムの働きを体感できる。

なお、このtoioは1月19日(土)から名古屋・東京・大阪の3会場で行われる「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter」、2月9日(土)・10日(日)にお台場で開催される「ワンダーメイクフェス5」(LITALICOワンダー主催)にて先行体験できる。

関連記事