「Visa LINE Payプリペイドカード」発行で

LINE Payが「Apple Pay」に対応。全国のiD加盟店で決済可能に

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2020年12月22日
LINEで展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は、「Apple Pay」への対応を開始すると発表した。

LINE Payが「Apple Pay」に対応

Apple Payに対応することで、iPhoneやApple WatchをダブルクリックしてかざすだけでLINE Pay残高から支払いが可能。決済の対象店舗は国内121万ヶ所以上のiD加盟店となる。

合わせて同社は、バーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行を開始した。同カードはLINE Payと三井住友カードによる提携の一環としており、Visa加盟店でのオンラインショッピングで利用できる。

このバーチャルカードをApple Payに登録することで、iD加盟店での決済が可能という仕組み。Google Payへの対応については「順次対応予定」と案内している。


Apple Pay利用登録の手順
なお、同社がこれまで提供していたJCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」は12月22日をもって新規発行を終了する。QUICPay+についても、新規登録を順次終了するとしている。

関連記事