スポンサーも募集

ドコモがeスポーツ参入。シーズン賞金総額3億円「PUBG MOBILE」リーグや「LoL」大会など開催

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2020年11月05日
NTTドコモは、「eスポーツ」事業へ参入し、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始することを発表した。

世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE(ピーユービージーモバイル)」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始。プロ契約を行った選手も参戦するかたちで、年間を通じて試合を開催する。

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」のロゴ

チームは16チーム(1チーム5名以上、7名まで登録可能)で、試合構成は年間2フェーズ制の合計100試合。試合形式はSQUAD(1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦)となる。スケジュールは2021年2月〜4月をフェーズ1、7月〜9月をフェーズ2として実施。上期の世界大会にはフェーズ1の優勝チームが、下期の世界大会は年間シーズン総合優勝チームが出場できる。

シーズン賞金総額は3億円。そのほか、賞金とは別にプロ選手全員に対して年間350万以上を保証するという。

また、2021年にはRiot Games(合同会社ライアットゲームズ)とのパートナーシップにより、「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定。5Gにより今後のモバイルゲームの市場拡大も視野にゲームタイトルを増やしていくとしている。

eスポーツの日本における市場規模は、2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定され、成長が見込まれる産業となる。また近年主流になりつつあるオンライン対戦など、ネットワークを介して他者と一緒にゲームを楽しむスタイルは、5Gによりさらに大きく加速していくとの考えのもと、5Gを活用した快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたeスポーツリーグを開催することで、eスポーツ産業を盛り上げていくとする。

なお、これらのeスポーツリーグおよび大会開催にあたり、チームオーナー、スポンサーの募集も行う。

関連リンク

関連記事