5000回の測定に対応

ケンウッド、運転前に息を吹きかけセルフチェックできる携帯式アルコール検知器

編集部:押野 由宇
2020年10月14日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、運転前に呼気中のアルコール濃度を簡単にセルフチェックできる携帯式のアルコール検知器「CAX-AD100」を、11月下旬に発売する。価格はオープンだが、税抜15,800円前後での実売が予想される。

「CAX-AD100」

日本製の高感度・高品質なアルコール検知センサーを採用し、アルコール濃度の高精度な測定が可能な携帯式検知器。測定方式は、付属のアタッチメントと市販のストローを使用し、外気の影響を受けない高精度な測定が可能なストロー方式と、直接吹き込み部に息を吹きかけ測定するオープンブロー方式に対応。状況に応じてダブルチェックもできる。

ストロー方式/オープンブロー方式に対応

また、センサーは5,000回の測定に対応し、1日に複数回測定しても長期間の使用が可能。使用回数が5,000回を超えるとセンサー交換マークが点滅するようになっている。

電源は単3アルカリ電池2本で動作。測定開始までの時間を本体液晶部にカウントダウンで表示し、吹きかけ、吹き付け完了のタイミングを電子音で告知する。測定結果として呼気中アルコール数値を本体液晶部に表示し明確な判定が行える。

関連記事