初回抽選締切は9/22正午

シャープ製マスクに「小さめサイズ」追加

ファイルウェブ編集部
2020年09月14日
シャープは、“不織布マスク(小さめサイズ)”「MA-1050S」を新たに販売すると発表。 本日9月14日より抽選販売の応募受付を開始し、 9月23日に初回の抽選を行う。1箱50枚入りで価格は2,980円(税抜・送料抜)。 当初は1週あたり5,000箱の販売を予定している。

“不織布マスク(小さめサイズ)”「MA-1050S」

現在同社ではふつうサイズ(約175×95mm)のマスクを販売しているが、女性や小学校高学年以上の子供の利用に適した小さめサイズ(約145×95mm)のマスクを新たにラインアップに追加。「より幅広いお客様のニーズにお応えすることとなりました」としている。

マスクを装着した女性

ふつうサイズ同様に三重工場(三重県多気郡多気町)のクリーンルームにて製造。PM2.5や花粉の侵入、およびウイルス飛沫や微粒子の侵入・拡散を抑制する立体三重構造の「99%カットフィルター」を採用している。

販売方法もふつうサイズと同様で、抽選方式となり、初回の販売は9月14日に受付開始、9月22日正午に応募締切。9月23日に抽選を行い、 当選者に順次当選メールを発信する。 以降、 抽選方式での販売を毎週実施する。

関連記事