人気アニメを題材にしたVR飛行ゲーム

『リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを』10/13発売。独自の「VR酔い防止技術」採用

編集部:成藤 正宣
2020年08月12日
(株)UNIVRSは、TRIGGER制作のアニメ『リトルウィッチアカデミア』を題材にしたVRゲーム『リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを』を、Oculus Quest向けに10月13日より発売する。価格は2,990円(税込)。

© 2017 TRIGGER/吉成曜/「リトルウィッチアカデミア」製作委員会 © UNIVRS, Inc.

昨年クラウドファンディングにて資金調達を行ったタイトルが完成、発売となったかたち。Oculus Quest以外のVRデバイスにも配信を予定しており、2021年初頭にはPlaystation VR/Oculus Rift/SteamVRに対応予定としている。

本ゲームは『リトルウィッチアカデミア』に登場するキャラクターと共にホウキで空を飛び、魔法を駆使してレースが楽しめるというもの。ゲームオリジナルのストーリーが展開されるアドベンチャーパートや、自分だけのホウキを作れるカスタマイズ要素なども用意されるという。

ホウキに乗って飛行レースが楽しめるVRゲーム

また、本ゲームにはUNIVRSが独自に開発し特許出願中の「酔いを防止する技術」を採用。従来のVRゲームでプレイヤーの動きに制限をかけてきた「VR酔い」を極限まで軽減することで、「プレイヤーがキャラクターと一緒にホウキで自由に空を飛び、魔法を駆使してレースをする“最高の飛行体験”」が楽しめるしている。

ゲームオリジナルストーリーやカスタマイズ要素なども搭載

ゲーム主題歌には、アニメ本編のOP曲/ED曲をそれぞれ歌ったYURiKA/大原ゆい子のコラボレーション曲『Dream Flight』が採用。大原ゆい子作詞・作曲、YURiKA歌唱による作品の世界観とレースの疾走感満載の主題歌に仕上がっているとのこと。

主題歌『Dream Flight』は、アニメ本編のOP/EDを担当したYURiKA/大原ゆい子のコラボ曲


関連記事