1m先に約30インチの画面

リコー、世界最軽量“49g”の両眼視スマートグラスを開発。カメラ・深度センサーでARにも対応

編集部:平山洸太
2020年08月04日
リコーは、両眼視タイプとしては世界最軽量となる49gのスマートグラスを開発した。

開発中のプロトタイプ

同社がプロジェクターやカメラなどの開発で培ってきた光学技術を活用し、ディスプレイユニットをこめかみ付近に配置できる特殊な光学系を開発。薄型・軽量のプラスチック導光板をレンズ部分に採用することで、49gの質量と1m先に約30インチの画面が見える広視野角を実現している。

中継レンズを用いた光学系のイメージ

また、メガネメーカーの協力により、一般的なメガネのような親しみやすいデザインを追求。普段の生活の中で違和感なく着用できるように配慮した。本体には9軸センサー(加速度、角速度、地磁気)を標準搭載しているため、顔の動きに合わせて下を向いたときだけ映像を表示する、歩いている方角を検知して適切な道案内をするといったことも可能。オプションでカメラや深度センサーを付けることで、ARにも対応できる。

なお、本技術は8月3日から7日までオンライン開催される国際学会SID Display Week 2020 Symposiumで発表予定。「事業化に向けパートナーを募集するとともに、実用化にむけてさらに開発を進めてまいります」と説明している。

関連記事