米Jackery社と共同開発

JVC、最大出力2,000Wのポータブル電源「BN-RB10」。ソーラーパネル「BH-SP100」も

編集部:川田菜月
2020年07月16日
JVCケンウッドは、JVCブランドより、ポータブル電源の新モデル「BN-RB10」、およびポータブルソーラーパネル「BH-SP100」を7月下旬から発売する。価格はオープンだが、BN-RB10が税抜136,000円前後、BH-SP100は税抜36,000円前後での実売が想定される。

「BN-RB10」

「BH-SP100」

米Jackery社との共同開発により、複数の専門機関による安全性試験や独自の安全基準による検証をクリアしたという「JVC Powered by Jackery」モデルのポータブル電源。BN-RB10は従来モデルから出力/容量ともに増強し、シリーズ最大出力/最高容量を実現している。

高効率の高性能リチウムイオンバッテリーを搭載。容量は1,002Wh(278,400mAh)で、AC定格出力は1,000W(瞬間最大2,000W)を実現し、スマートフォンの充電は約50回ほど行えるとのこと。充電また、従来モデルでは使用制限があったIHクッキングヒーターや小型ポット、コーヒーメーカーなどの電化製品にも使用できるという。

接続部はAC100Vを3系統に加えて、USB-C/USB-Aを各2系統(内QuickCharge 3.0対応USB-Aが1系統)を搭載。シガーソケット端子も備え、12Vで動作する車載用製品を直接接続することも可能だ。

高出力かつ大容量ながら持ち運び可能なコンパクトサイズも実現しており、外形寸法は最大333W×244H×234Dmmで、質量は10.9Kg。折りたたみが可能な滑り止め付きハンドルを採用する。デザイン面ではアクセントとして、ハンドル部ラバー、本体下部ラバー、サイドパネルにサンドベージュカラーを配色している。

ポータブルソーラーパネル「BH-SP100」では最大23%の高変換効率ソーラーパネルを2面搭載し、最大100Wの出力を実現。太陽光による発電でポータブル電源本体やスマートフォンなどをクリーンに充電することが可能とのこと。

外形寸法は最大で1,225W×540H×25Dmm、質量は4.2kg。端子にはUSB-C×1、USB-A×1を装備し、パネル部に高耐久性フッ素樹脂「ETFA」を採用することで、高い対候性・耐久性も備えるとのこと。

同社は電源製品について、「アウトドアや車中泊および非常時の電力確保を目的に、個人だけでなく自治体や企業、地域コミュニティなどに向けて、ポータブル電源のラインナップを強化」していくとしている。

関連記事