Epicの少数持分を取得

ソニー、『フォートナイト』など手掛けるEpic Gamesに約268億円を出資

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2020年07月10日
ソニーは、『フォートナイト』などの開発で知られる米ゲーム会社Epic Games, Inc.に、2.5億米ドル(約268億円)の出資を行なうことを発表した。

ソニーとEpicは、ソニーがその完全子会社を通じてEpicに戦略的な出資を行い、これによりEpicの少数持分を取得することについて合意。両社はこれまでもさまざまな協業をしているが、本出資によりさらに関係を強固にし、最先端のテクノロジー、エンタテインメント、およびオンラインサービスを発展させるという両社共通のミッションを強化していくことを目指す。

本出資を契機に、ソニーのエンタテインメント資産とテクノロジー、およびEpicのソーシャルエンタテインメントプラットフォームとデジタルエコシステムを跨ぐコラボレーションを拡大。ユーザーとクリエイターにユニークな体験を提供するとしている。なお、本出資の完了は関係当局の認可を含む、諸条件を満たすことが条件。

ソニー株式会社 会長 兼 社長 CEO 吉田 憲一郎氏は、「Epicはグラフィックなどの優れた技術を持ち、“Unreal Engine”をはじめとする数々のイノベーションによりゲームエンジンの進化を牽引しています。また『フォートナイト』ほどに革新的なエンタテインメント体験の例は他にありません。今回の出資を通して、Epicとの協業のさらなる深化を模索し、ゲームの分野に限らず、急速に発展しているデジタルエンタテインメントの領域で、ユーザー、そして業界の皆様に喜んでいただけるような価値を提供していきます」とコメント。

Epic Games, Inc. ファウンダー CEO ティム・スウィーニー氏は「ソニーとEpicは両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスをしており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム3Dソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有しています。私たちは協力して、すべてのユーザーとコンテンツクリエイターに向けて、よりオープンでアクセスしやすいデジタルエコシステムの構築をめざします」と述べている。

関連リンク

関連記事