監督は川野達朗(teamヤマヒツヂ)

久保帯人『BURN THE WITCH』連載&アニメ化。2020年秋に劇場中編アニメ公開

編集部:押野 由宇
2020年03月21日
『BLEACH』の久保帯人による新作『BURN THE WITCH』のシリーズ連載、アニメ化が決定。2020年秋、劇場中編アニメが公開される。

ティザービジュアル (c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

2018年WJ50周年記念号で掲載された、久保帯人の新作『BURN THE WITCH』。若き2人の魔女の奮闘を描いた読切作品が今夏、「週刊少年ジャンプ」にてシリーズ連載がスタートする。

(c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

(c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

舞台はロンドン、その表と裏の世界。緻密に練り込まれた世界観、そして異形の存在であるドラゴンを相手に、二人の魔女が縦横無尽に躍動するファンタジーアクション。この『BURN THE WITCH』を劇場中編アニメーションとしてアニメ化するプロジェクトが始動した。

(c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

監督には、『PSYCHO-PASS サイコパス2』作画監督、『甲鉄城のカバネリ』にはアクション作画監督として参加している、業界が注目する新進気鋭のアニメーター川野達朗を起用。2018年より若手アニメーター陣によるアニメーションチーム「teamヤマヒツヂ」を結成した後、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』のオープニングアニメーションディレクターを務めている。

制作は『ペンギンハイウェイ』『泣きたい私は猫をかぶる』等の劇場アニメーションを手掛けた「スタジオコロリド」の新しい制作ライン。川野達朗が2018年に立ち上げたアニメーションチーム「teamヤマヒツヂ」を中心とした、新進気鋭の若手アニメーター陣により構成されている。

登場キャラクターである魔女コンビのCVは、ニニー・スパンコールを田野アサミ(「スマイルプリキュア!」日野あかね / キュアサニー役、「ゾンビランドサガ」二階堂サキ役 など)、新橋のえるを山田唯菜(「アイドルタイムプリパラ」幸多みちる役、「アニマエール!」有馬ひづめ役 など)が担当することも発表された。合わせて、ティザー映像も公開となった。

ニニー・スパンコール (c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

新橋のえる (c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会



<ストーリー>
世界には表(フロント)があれば裏(リバース)がある。

遥か昔からロンドンに於ける全死因の72%は、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる“異形の存在”が関わっていた。しかし、人知れずそのドラゴンと相対する人々がいた。

ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの“裏側”に拡がるリバース・ロンドンの住人だけ。その中でも、選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)となり、ドラゴンと直接接触する資格を持つ。

主人公は、自然ドラゴン保護管理期間「ウイング・バインド」(通称WB)の保護官である新橋のえるとニニー・スパンコールの魔女コンビ。彼女たちの使命は、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理することだった。

(c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

(c) 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

<メインスタッフ>
監督:川野達朗
副監督:清水勇司
脚本:涼村千夏
キャラクターデザイン:山田奈月
ドラゴンデザイン:大倉啓右
背景美術:スタジオコロリド美術部
美術監督:稲葉邦彦
色彩設計:田中美穂
CGI監督:さいとうつかさ
撮影監督:東郷香澄
音楽:井内啓二
音響監督:三好慶一郎

関連記事