売上げでクリエーターも支援

インディーズ映画に特化したサブスクサービス「DOKUSO映画館」スタート

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小澤麻実
2020年01月23日
インディーズ映画に特化した月額見放題サービス「DOKUSO映画館」が本日1月23日からスタートした。

DOKUSO映画館

『カメラを止めるな!』のヒットにより注目の集まったインディーズ映画界隈。単館映画館が減り、シネコンではどこに行っても同じ映画ばかり…という現状のなか、眠っている良作を発掘し届けること、クリエーターに正当な対価を渡して次の映画製作につなげられる場とすることを目標に掲げている。

月額980円(税込)の有料会員プラン(=ゴールドメンバー)、無料会員プラン(=メンバー)、会員登録なしのゲストプランを用意。まずは31日間の無料体験も行える。ゴールドメンバーの投票(毎月1アカウント3作品まで投票可能)により、毎月1日にランキングが変動。総合ランキング1位に輝いた作品は、メンバーも無料で視聴できるしくみ。

ユーザーに作品を届けるとともに、クリエイターの支援にもつなげ良質な作品誕生を支援する

まずは約100作品をラインナップ。順次作品を増やし、常時1,000作品が見放題となる予定とのこと。1,000作品を超えた場合は随時作品が入れ替えられる。

今をときめく俳優/監督の若手時代の作品を集めた特集なども用意。全ての作品に、劇場スタッフのおすすめコメントPOPを制作している。スタッフクレジットも掲載し、キャストや監督以外のクリエイターの名前で作品を探すことも可能だ。

なお、クリエーターは製作した映画を、上映手数料0円で「DOKUSO映画館」にて配信可能。全体売上げの35%が、視聴時間に応じて支払われる。作品の紹介・宣伝や決済などもDOKUSO映画館側が行い、作品制作に集中する環境を提供するという。

関連リンク

関連記事