体は自分なのに顔や口の動き、声は他人…も可能に

自分の口が他人の思い通りに動く?!「Face Sharing」技術、ドコモが発表

編集部:小澤麻実
2020年01月10日
H2L(株)とNTTドコモは、自分の顔に他者の口の動きと顔の表情をリアルタイムに再現する技術「Face Sharing」を共同開発した。

「Face Sharing」は、頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与えて収縮させることで、他者の口の動きを再現するという技術。さらに、他者の顔の3D映像を自分に投影することで顔の表情を再現したり、スピーカーを使用して他者の音声を再生することもできるとのこと。

「Face Sharing」のイメージ

人間だけでなくAIが指定する動きを再現したり、ひとりの口の動きを複数人に同時再現することも可能。5Gと組み合わせれば遠隔地にいる他者の動きをリアルタイム再現することもできるとしている。

体は自分なのに顔や口の動き、声は他人……記者は、漫画版「風の谷のナウシカ」の終盤で、墓所の番人に憑依された道化みたいな感じを思い浮かべた(分からない方は「ナウシカ 道化」で検索してください)。

将来的には、「口の動かし方の伝達が難しい外国語の発音や演技などを、直接口を動かして伝える」「言語の違いなどで会話が難しい場合に他者やAIの語学力を使って遠隔にコミュニケーションを取る」「アニメーションキャラクターや動物の口の動き、顔の表情を体感する」などの活用シーンが例示されている。

「Face Sharing」は1月23日(木)、24日(金)に開催される「DOCOMO Open House2020」にて展示を行う。

関連記事