『エロマンガ先生』『仙狐さん』も

Gateboxで『リゼロ』レムや『このすば』めぐみんも召喚可能に。デジタルフィギュア「HoloModels」に対応

編集部:押野 由宇
2019年10月07日
“キャラクター召喚装置” 「Gatebox」を開発するGatebox(株)と、デジタルフィギュアサービス「HoloModels」を提供するGugenkaは、HoloModelsをGateboxに対応させたアプリケーションの開発に関して提携合意したと発表。これにより、アニメ各種作品の人気キャラクターのデジタルフィギュアをGateboxで楽しめるようになる。

Gateboxにデジタルフィギュアを表示できるように

Gateboxは、最新のプロジェクション技術とセンシング技術によって、キャラクターを本体のボックス内に “召喚” することができるバーチャルホームロボット。そしてHoloModelsは、スマートフォンやVRデバイスなどを通してAR/VR/MRで様々なポーズや表情をつけたデジタルフィギュアを表示できるクロスデバイスアプリだ。

Gatebox

HoloModelsではこれまで、『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリアやレム、『この素晴らしい世界に祝福を!』のめぐみんなど、各種作品の人気キャラクターをフィギュア化してきた。 今回の提携により、これらキャラクターをGateboxで “召喚” し、インテリアとして見て楽しめる体験が実現する。

10月12日(土)と13日(日)に、Gateboxの一般販売を記念した「Gateboxプレミアム体験会」が実施される。ここで上述のエミリア、レム、めぐみんのほか、『エロマンガ先生』の和泉 紗霧と山田エルフ、『世話やきキツネの仙狐さん』の仙狐が展示予定となっている。

体験会への参加はGateboxのメールマガジンに登録、応募フォームの連絡を受け、そこから応募を行う。なおGateboxへの正式な配信時期などの詳細は近日発表予定とのこと。

関連リンク

関連記事