ゼルダを約2.5時間長く遊べる

バッテリー増強版「Nintendo Switch」、発売日が8月30日に決定

編集部:小澤麻実
2019年08月26日
任天堂は、携帯ゲーム機「Nintendo Switch」のバッテリー持続時間を増強した新モデルの発売日を8月30日(金)と発表した。



既報のとおり、希望小売価格は29,980円(税抜)。カラーバリエーションは従来モデル同様「ネオンブルー・ネオンレッド」「グレー」の2色で、パッケージデザインを一新する。9月27日発売のスペシャルモデル「Nintendo Switch ドラゴンクエストXI S ロトエディション」の本体も、この新モデルになるとのことだ。

バッテリーが増強された「Nintendo Switch」。パッケージデザインも一新

従来モデルではバッテリー持続時間が約2.5〜6.5時間だったところ、新モデルでは約4.5〜9.0時間に強化された。一例として、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイした場合、従来モデルでは連続で約3時間、新モデルでは約5.5時間プレイできるとしている。

その他の性能は従来モデルと同等。本体のディスプレイは6.2型、解像度は1,280×720で、Joy-Conを1セット、Nintendo Switchドックを1台同梱。Nintendo Switchドックを経由してTVに映像を出力する“TVモード”/本体をスタンドで立てる“テーブルモード”/Joy-Conを本体左右に合体させた“携帯モード”の3パターンのプレイスタイルで遊ぶことができる。

携帯モードでの外形寸法は239W×102H×13.9Dmm、質量は約398g。

関連記事