仮アフレコ映像収録の特典ディスクも

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』BD&DVDが12/11発売。美樹本晴彦描き下ろしBOX

編集部:押野 由宇
2019年08月09日
2019年5月10日より2週間限定で劇場上映された『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』。 そのBlu-ray&DVDパッケージが、12月11日に発売となる。完全生産限定版で、価格はBlu-rayが10,000円(税抜)、DVDが8,000円(税抜)。

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』キービジュアル

本編ディスクと特典ディスクの2枚組で、本編尺は約67分。美樹本晴彦描きおろしBOXに加え、江原康之描き下ろしデジパック仕様、特典ディスクには今回行われた仮アフレコ映像を収録。

ほか、オーディオコメンタリーや特製設定資料集、美樹本晴彦入場者特典イラストピンナップ、特典映像として「咲かせや咲かせ」ノンクレジット映像、「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」海門決戦ノンクレジット映像、「ninelie」海門決戦ノンクレジット映像が用意される。

なお、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』の本編はNetflixおよびAmazonプライムビデオにて独占配信中。テレビシーズンも視聴できる。

■『甲鉄城のカバネリ』完全生産限定版 Blu-ray&DVD
《商品概要》
発売日:2019年12月11日
BD:10,000円+税/ANZX-15017~15018
DVD:8,000円+税/ANZB-15017~15018
ディスク枚数:2枚組
本編尺:約67分
《完全生産限定盤特典》 (本編ディスク+特典ディスク)

INTRODUCTION

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までカバネにしてしまう。カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

極東の島国である日ノ本で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城の一つ、甲鉄城に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」に辿りついた。

生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある “秘密” が隠されていたのだった―。

関連記事