返金方法などは決定次第案内

「7pay」、9月30日でサービス廃止

編集部:小野佳希
2019年08月01日
(株)セブン・ペイは、バーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」について、9月30日24時をもってサービス廃止すると発表した。


7月1日のサービス開始直後に発生した不正アクセス事案に対し、「チャージを含めて全てのサービスを再開するに足る抜本的な対応を完了するには相応の期間を必要とすると想定されること」、「その間、サービスを継続するとすれば『利用(支払)のみ』という不完全な形とせざるを得ないこと」、「当該サービスに関し、お客様は依然としてご不安をお持ちであること」という3点を理由に、現在の7payのサービス・スキームに基づきサービス提供を継続することは困難であるという結論に至ったという。

サービス終了時点で未使用のチャージ残高については、法令上の手続きを経た後に、順次払い戻しを行う。払戻の詳細など、今後の対応については、詳細な内容が決定次第あらためて案内するとしている。

今回の不正アクセス事案については、7月31日17時時点で808人、38,615,473円の被害を確認しているとのこと。なお、7月中旬以降、新たな被害は確認されていないという。

被害に遭ったユーザーには、不正チャージおよび不正利用のいずれかに拘らず被害金額のすべてを補償。「まだご連絡をいただいていないお客様は、7pay お客様サポートセンター緊急ダイヤル(0120-192-044/24時間・年中無休)までお問合せください」とアナウンスしている。

なお、セブン&アイグループでは、今後のキャッシュレス決済に対する姿勢として、「グループ外部の様々な決済サービスとの連携を積極的に推進することで、社会の要請にしっかり応えつつ、より広範なお客様にキャッシュレスサービスを提供してまいりたい」と説明。他社のバーコード決済サービスへの対応も検討しているとした。

関連記事