登場キャラクター6人がナレーション

『言の葉の庭』が入野自由や花澤香菜の“朗読”で読める!Amazonのボイスブック配信開始

編集部:押野 由宇
2018年11月06日
KADOKAWAとAmazonの関連会社であるAudibleは、ボイスブック版『小説 言の葉の庭』を、本日11月6日より配信開始した。

ボイスブック版『小説 言の葉の庭』

Audibleは声で聴く本 “ボイスブック” のダウンロード販売を行うサービス。無料でも利用でき、有料会員になると購入時割引や、ボイスブックと引き換えできる「コイン」を毎月1つ支給される特典がつく。

今回ボイスブックとなるのは、そのストーリーと圧倒的な映像美で支持を集める新海誠監督の劇場アニメーション『言の葉の庭』の小説版だ。

新海誠監督みずからが執筆した小説版では、主役2人にスポットをあてた映画版と異なり、6人の登場キャラクターの視点で構成されており、また違った視点から物語を知ることができる。

ナレーションを務めるのは入野自由(主人公:秋月孝雄役)、花澤香菜(ヒロイン:雪野百香里役)、前田 剛(孝雄の兄:秋月翔太役)、星野貴紀(担任教師:伊藤宗一郎役)、小松未可子(上級生:相澤祥子役)、平野 文(孝雄の母:秋月怜美役)といった人気声優6名。

入野自由

花澤香菜

つまり、映画で各キャラクターを演じたキャスト陣が、各話を朗読するわけだ。より深く描かれる孝雄や雪野の過去や心情、わずかしか登場しなかったサブキャラクターの視点で描かれた物語を、 “耳で読む” ことができる。

さらにボイスブック版『小説 言の葉の庭』の配信開始を記念て、入野自由が小説にしかない印象的なシーンや、雪野役の花澤香菜との収録について語った「独占インタビュー映像」が、Amazon内の特設ページにて公開された。映像には収録風景や本作品を体感できる特別サンプル音声(約8分)も収録している。

新海誠監督作品のなかでも、オーディオ・ビジュアルファンから評価の高い『言の葉の庭』。ボイスブックになってどう生まれ変わったのか? 気になった方は、下記のリンクから確認してみて欲しい。

>ボイスブック版『言の葉の庭』はPHILE WEB記事下のリンクから<


関連記事