20作品内蔵

手のひらサイズの“PS”「プレイステーション クラシック」が12月3日発売。9,980円

編集部:押野 由宇
2018年09月19日
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、1994年に発売した「プレイステーション」のデザインをコンパクトなサイズで精密に復刻し、懐かしの「プレイステーション」ソフトウェアタイトルを20作品内蔵した「プレイステーション クラシック」を、日本、北米、欧州で希望小売価格9,980円(税抜)/99USドル(税抜)/99ユーロ(税込)にて、12月3日(月)より数量限定にて発売する。

「プレイステーション クラシック」

1994年12月3日(土)に日本で発売を開始した「プレイステーション」は、当時では革新的な3DCGのリアルタイム描画を実現し、記録媒体にはCD-ROMを採用することでソフトの大容量化を可能にするなど、90年代以降のゲーム業界に大きな影響を与えた、SIEが世界に誇る家庭用ゲーム機。

「プレイステーション クラシック」は、その初期型にあたる「プレイステーション」の外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトにして復刻したモデル。

外箱もコンパクトに復刻

ソフトウェアタイトルは、『R4 RIDGE RACER TYPE 4』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』(SIE)、『鉄拳3』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『ファイナルファンタジーZ インターナショナル』(株式会社スクウェア・エニックス)、『ワイルドアームズ』(SIE)など20の名作タイトルを内蔵する。

テレビなどの外部ディスプレイに接続するためのHDMIケーブルと、本体の電源供給時に市販のUSB対応ACアダプターに接続するUSBケーブルを付属。また、専用コントローラーを2つ同梱し、対戦や協力プレイにも対応する。

映像出力は720p、480pで、音声はリニアPCMで出力。外形寸法は約149W×33H×105Dmmで、質量は本体が約170g、コントローラーが約140g。

関連記事