ゲーム機&ゲームプレイに最適化

ロジクール、米ゲーミングブランド「ASTRO」を日本でローンチ。ヘッドセット&アンプを発売

編集部:押野 由宇
2018年09月06日
ロジクールは、家庭用ゲーム向けヘッドセットブランド「ASTRO Gaming」のゲーミングヘッドセットおよびヘッドセット用アンプを9月20日に発売する。

「ロジクール G Astro A40 TRゲーミングヘッドセット(A40)」と「ロジクール G Astro MixAmp Pro TR(MixAmp)」

・「ロジクール G Astro A40 TRゲーミングヘッドセット(A40)」¥18,880(税抜)
・「ロジクール G Astro A10 TRゲーミングヘッドセット(A10)」¥8,750(税抜)
・「ロジクール G Astro MixAmp Pro TR(MixAmp)」¥18,750(税抜)
・「ロジクール G Astro A40 TR Mod Kit(Mod Kit)」¥7,750(税抜)
・「A40」と「MixAmp」同梱版 ¥31,250(税抜)

ヘッドセット「A40」(左)、ヘッドセット用アンプ「MixAmp」(右)

ヘッドセット「A10」


A40用カスタマイズキット「modkit(レッド)」
ASTRO Gaming(以下、ASTRO)はロジクールが2017年に買収し、米国では展開済みだったが、このほど日本での展開が開始することとなった。

同社はこれまで「ロジクール G」ブランドで、マウス・キーボードをはじめとした PC ゲーム向けデバイス(家庭用ゲーム向けも含む)を販売してきたが、ゲームプレイの配信など拡大を続けるゲーム市場に対し、海外で人気を博しているコンシューマーゲーム向けのハイエンドブランドであるASTROを展開。PC・家庭用ゲーム機の両面でビジネス拡大を図る。

ASTROの製品は同ブランドのエンジニアだけでなく、プロゲーマーやゲームデザイナーと共同で開発していることが特徴。PlayStation 4をはじめコンシューマーゲーム機でのゲームプレイに最適化されており、「すべての周波数と音量レベルで、高い音の明瞭さとディテールを実現する」とアピールしている。

「ロジクール G Astro A40 TRゲーミングヘッドセット(A40)」

ヘッドセットには、ノイズを除去し高い感度を持つ取り外し可能な単一指向性マイクを装備。コントロールケーブルにはインラインマイク、ミュート、音量ホイール、受話/終話ボタンを搭載しており、手元での操作が行える。

イヤーパッドは軽量かつ柔軟性の高い素材とクッションを採用することで、長時間の使用においても疲労を感じずにゲームプレイに没頭できるよう配慮している。

装着感の高いイヤーパッドを採用

上位モデルのA40と弟モデルのA10は、ともに40mm径のネオジムドライバーを搭載。感度はA40が105dB、A10が104dBで、周波数特性/インピーダンスはA40が20Hz - 24kHz/48Ω、A10が20Hz - 20kHz/32Ω。

「ロジクール G Astro A10 TRゲーミングヘッドセット(A10)」

ロジクール担当者によれば2モデルの違いは「音質がまったく異なり、A40はMixAmpとの組み合わせにおいて最適な性能を発揮できるようチューニングされている。またハウジングカバーなどの付け替えが可能なA40に対し、A10はカスタマイズが行えない」という。

また、ヘッドセット用のアンプユニット「MixAmp」をラインナップしていることも大きなポイント。ドルビーデジタル・サラウンドサウンド処理を搭載しており、PS4とUSB接続することで7.1chサラウンド再生が行える。MixAmpの外形寸法は132.5W×47H×81Dmm、質量は228g。

「ロジクール G Astro MixAmp Pro TR(MixAmp)」

搭載された2つのダイアルでは、全体の音量ボリュームの調整と、マイク音声とゲーム音声のバランス調整が可能。それらがミックスされた音を出力するストリーム出力端子も搭載することから、同社はゲーム実況にも最適と説明している。

ダイアルではゲームBGMと声の音量バランスの調整などが行える

そのほか、イコライザやオプティカル入力、AUX入力端子を搭載。さらにFireWire規格に準じたデイジーチェーン端子を搭載し、複数台のMixAmpをFireWireケーブルで接続することで、音声遅延が限りなく小さいボイスチャットが可能となる。この機能は、チーム内で1秒でも早い情報共有が必要な対戦型ゲームで非常に有効に働くという。

MixAmpの前面端子。両端がMixAmp同士を接続するデイジーチェーン端子となる

同社の実験では最大24基のMixAmpがデイジーチェーン接続で動作したとのことだが、多数の機器を接続することに伴う電力供給の問題を解決できれば、理論上はさらに多数のMixAmpを連結できるとしている。

カスタマイズキットの「modkit」は、合成皮革のノイズキャンセリング・イヤークッション、ボイスアイソレーションマイク、パッド付きヘッドバンドとクローズドバックスピーカータグのセット。A40のカラーや装着感をカスタマイズできる。

modkitでカスタマイズしたA40

本日、ロジクールはASTROの新製品発表会を実施。ASTROブランド本部のサディアス・クーパー氏が製品の紹介を行った。

サディアス・クーパー氏

ヘッドセットのA40については、「A40は、ゲーミングヘッドセットとしての性能はもちろん、自分仕様にカスタマイズが可能。ハウジングカバーやヘッドバンドなどのカラーやデザインを付け替えることができる。ユーザーのゲーミング体験を高めることができると考えている」と、ゲームプレイに自分らしさを加えられることが特徴として紹介された。

また、ヘッドセット用アンプの存在も強調。「MixAmpが手元にあることによって、ゲームBGMと声の音量バランスや、ドルビーデジタル・サラウンドのオン/オフなどの切り替えができる。A40とMixAmpの組み合わせこそが、eスポーツの競技シーンで必要とされる最強のソリューションであると考えている」と製品への自信を見せた。

A10は「軽量であることもさることながら、とにかく丈夫なことが特徴。ヘッドバンドは踏んだりしても問題ない」。会場では立ったままA10を放り投げるパフォーマンスが行われたが、落下した際に“ゴッ”という鈍い音がするほどの大きな衝撃にも、まったく問題なく耐えられることをアピールしていた。

ひねったり、床に放り投げたりしても平気という頑丈さをアピールした

A40も各部の耐久性を重視した設計となっている

関連リンク

関連記事