事前登録した他人の声にほぼ遅延なく変換

AIで他人の声にリアルタイム変換する「アニメガホン」。平田広明/小岩井ことり版がワンフェス出展

編集部:小野佳希
2018年02月08日
クリムゾンテクノロジーなど4社からなるアニメガホン制作委員会は、発話者の音声を任意の声へとリアルタイムに変換するメガホン 「ANIMEGAPHONE (アニメガホン)」を発表。デモンストレーションとして、発話音声を人気声優の平田広明、小岩井ことりに設定したバージョンを、2月18日に開催される 「ワンダーフェスティバル」で公開する。

ANIMEGAPHONE

「ANIMEGAPHONE」 は、リアルタイムボイス変換AI技術を用いて発話者の音声を処理し、あらかじめ登録した他者(別人)の声を、音声としてほぼ遅延することなく発信することが可能なメガホン。例えば年配の男性による発話を、若い女性の音声で発信するなどといったことができる。言語やイントネーションなどの言語情報を保ちつつ声質変換するシステムを 「メガホン単体」 に搭載するのは、初の試みだという。

平田広明さん

小岩井ことりさん

一般的に 、ボイスチェンジャーは声の音程や音質をフィルタリングで変化させるのに対し、ANIMEGAPHONEは発話者の音声を解析し、登録した別の音声で発話させる。これにより、例えばコンサート会場であればその歌手の声で、会社であればその社長の声で発話をするといった 「思わず耳を傾けたくなるメガホン」 として利用することが可能だとアピールしている。

制作委員会では、混雑などが発生しやすい場所において、その状況で最も効果的な声で、案内や警備をよりスムーズ行うといった活用方法を想定していると説明。システム単位でのレンタル提供を想定しており、複数の実地テストを経て後、価格等を設定するという。

関連記事