HOME > ニュース > ソニーモバイル、個人を認識して自ら会話するコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」

ソニーのロボット技術を活用

ソニーモバイル、個人を認識して自ら会話するコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」

2017/10/17 編集部:川田菜月
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーモバイルは、家族一人ひとりを認識して日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット“Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)”「G1209」を11月18日から発売する。価格はオープンだが、ソニーストアでの販売予定価格は149,880円(税抜)。

「Xperia Hello!」発表&体験会を開催

本機はソニーが有するロボティクス技術を、センサーと連動して対話機能を実現する「ソニーエージェントテクノロジー」と組み合わせることで、能動的に周囲の状況を認識して自ら会話するコミュニケーションロボット。同社では「Xperia Hello! は、あたかも“家族の一員”のように、家庭内での会話を促したり、家族を見守る安心感や生活情報を提供するなど、日々の暮らしをアシストする」としている。

コミュニケーションロボット“Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)”

自宅にいる家族に連絡したり伝言を残すことができるほか、外出先からスマートフォンで連絡をすると、リビングなどの様子を撮影して状況を知らせる。

また日々の生活に必要なニュースや情報などを、家族一人ひとりに向けて能動的に話しかける。加えて、家族との会話の中で「嬉しい」や「すねる」などの感情を、本体上部に設けた目の役割を果たすランプと本体の動きで表現する。

上部には目の役割を果たす白色LEDライトを搭載。その間くらいの位置にカメラを備える

本体下部には人感センサーを4つ装備、半径約3m内における人の接近を検知して、本体上部に備えたカメラで登録した家族の顔を認識することで、対象となる人物に合わせた情報を能動的に伝えることが可能で、人から働きかけることなく周囲の状況を認識して自ら動き自ら話すことができる。340度回転可能で、話しかけた人のほうに体を向けて会話する。そのほかセンサー類は加速度/地磁気/GPS/ジャイロ/照度/気圧/気温/湿度の各種センサーを搭載している。

本体下部には人感センサーを4つ装備

マイクは7つ搭載。話しかけた人の方に本体正面を向けるよう回転したり、目の動きと合わせた豊かた表現力も備え、コミュニケーションのしやすさにも工夫したとのこと。なおスピーカーはモノラルとなる。

胴体部分には、タッチスクリーンで解像度1,280×720画素の約4.6インチ液晶ディスプレイを搭載。対話時のフィードバックやニュースなどの文字・画像情報を表示する。

胴体部にスマホ画面のような約4.6インチ液晶ディスプレイを搭載

対話時のフィードバックやニュースなどの文字・画像情報を表示

Skypeの通話機能やビデオ伝言、LINEを使ったメッセージの送受信機能を搭載。家族とチャットや通話ができ、「預けた伝言も適切なタイミングで、伝えるべき相手を認識して知らせることが可能」だという。

Skypeを使ってテレビ電話も可能

同機能では例えば、「お父さん早く帰って来て」と連絡したい場合、Xperia Hello! に「お父さんにメッセージ」と話しかけてメッセージを伝えると、LINEに送信でき、「お父さんに電話」と話しかけると、Skypeで音声・ビデオ通話が可能。また「お父さんに伝言」と話しかけると、ビデオ伝言により、動画でメッセージを残すことができる。

また、お母さんが外出先から子どもに「宿題をやって」と、かつ夫に「夕飯をつくって」と連絡したい場合、Xperia Hello! にLINEでメッセージを送信すると、子どもと夫の顔を識別し、正しい宛先の人にメッセージを伝えることが可能。受け手はメッセージを読んでもらったり、ディスプレイにLINEのタイムラインを表示させて読んだりすることができる。

さらに、記念日や誕生日などイベントの日を記憶させて通知することも可能。イベントの登録は、Xperia Hello! に話しかけるか、またはGoogleカレンダーからも行える。

着せ替え衣装の参考出展も行われた

家庭内の見守り機能では、外出先からLINEで本機に連絡してリビングなどの様子を撮影し、画像を手持ちのスマートフォンなどへ送付。スマートフォンのLINEアカウント画面に備えた「家の様子を教えてもらう」コマンドを選択すると、子どもなどがXperia Hello! が顔を認識した時間を確認できる。また、「周りを撮影する」コマンドは、Xperia Hello! が本体を回転することにより周囲のリビングなどの様子を360度撮影し、その画像を受け取ることもできる。

家庭で過ごす子供の様子を外部から知ることができる見守り機能などを装備

ニュースや天気予報などの機能では、例えばニュースでは個人ごとに関心のあるカテゴリーを設定可能。交通情報は、通学、通勤路線を登録しておき、遅延や運転見合わせなどの情報を自動で入手するといった使い方ができる。

天気予報などを知らせてくれる

また、ソニーエージェントテクノロジーによる、音声認識での検索も可能。例えば「東京タワーについて教えて」と話しかけると、インターネット上の検索結果を音声とディスプレイ表示による文字情報や画像で教えてくれる。さらに、こうした情報入手だけでなく、例えば「ダンスして」とお願いすると、音楽に合わせて本体をリズミカルに動かした踊りを披露してくれる。

OSにはAndroid 7.1を、CPUはSnapdragon 650を搭載し、内蔵メモリはRAMが3GB、ROMが32GB。Wi-FiおよびBluetooth 4.2に対応し、BluetoothはNFCにも対応している。バッテリー容量は約2,300mAh。

背面部。NFCにも対応する

本製品の発売に際し、購入者のなかから抽選で100名にEdy10,000円分のクーポンをキャッシュバックする「スマートプロダクトキャッシュバックキャンペーン」も展開。キャンペーン期間は10月17日から2018年1月14日まで。

背面下部にはXperiaブランドのロゴ

本体上部の背面にはSONYロゴが入る

同社は本日10月17日、製品説明やデモンストレーションを交えた新製品発表&体験会を開催した。

冒頭に、ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)スマートプロダクト部門・副部門長の伊藤博史氏が登壇し、本製品のコンセプトおよびスマートプロダクト事業の展開について説明された。

ソニーモバイルが掲げるビジョン

伊藤博史氏

同社はこれまでスマートプロダクト製品として、片耳に装着して使用するBluetoothヘッドセット「Xperia Ear」(関連ニュース)、壁や机に投射して画面に触れることができるAndroid搭載プロジェクター「Xperia Touch」(関連ニュース)などを発売。今回発表された「Xperia Hello!」は第3弾となる製品で、伊藤氏は「Xperia Touchは“家族の集う場”をテーマとした製品で、画面を一緒に操作することで新たなコミュニケーションの場を提供した。Xperia Hello!では“家族の一員となる存在”をテーマ・目標としており、製品側から能動的に話しかけることで、家庭内のコミュニケーションをより楽しくなっていくような新しい体験を提案していきたい」と語った。

Xperia TouchとXperia Hello!のコンセプト

本機はMWCやIFAなどで、Xperia Agentとしてコンセプト展示を行っており(MWC2016/IFA2016インタビュー記事)、「ソニーの持つセンシングおよびロボティクス技術をふんだんに生かして開発した製品。カメラで顔認識を行い能動的に声をかける特徴から、挨拶の言葉である『Hello』を製品名に採用した」とのこと。

スマートプロダクト事業としては、「スマートフォンを軸にしつつ、スマートプロダクト製品との両輪で新しいコミュニケーション方法を創造・提案を行い、Xperiaブランドの世界を発展させていきたい」とコメント。

スマートフォンとスマートプロダクトとの両輪でXperiaブランドの世界を発展させていくとした

Xperia Helloの販売戦略においても「AIスピーカーとはビジョンが異なり、コミュニケーションに特化したロボット製品として提案していく」とした上で、「ロボット事業では家庭内や店頭で使用されるサービスロボットと言われるジャンルが増えてきており、今後もさらにビジネス領域まで活用が広がると想定している」と、同社コンパニオンプロダクト営業部・ビジネス企画課の松本英志郎氏より説明。

第一段階としては「まずコンシューマー向け製品として家庭内でのコミュニケーションロボットの地位を確立したい」とし、次の段階では様々な技術・機能を使ったBtoBビジネスへの展開も検討しているとのこと。具体的にはオフィスの受付サービスの提案や、シニア世代への新たなコミュニケーション提案として老人ホームと提携した遠隔コミュニケーションサービスなどを企画。2018年からソニーグループ内にて実証実験を開始していくという。

老人ホームと提携しシニア世代への新しいコミュニケーション提案も

オフィスの受付サービスを提案

製品の詳細や各種技術面について、同部門・エージェント企画開発室・室長の倉田宜典氏が説明した。Xperia Hello!では、ソニーの持つロボティクス/センシング/インテリジェント技術の3つを組み合わせている。顔画像認識技術では「通常クラウド側で処理を行うことが多いが、Helloではディープラーニングを活用した組みこみ型の識別エンジンを開発・搭載しており、より素早くかつ安全な顔認識を可能にした」とのこと。

倉田宜典氏

顔認識や音声認識などソニーが持つ技術を随所に活用

音声認識技術面においても、ソニーのノイズキャンセリング機能を活用するなど独自開発。ハードウェアと組みこみソフト、クラウドにおける各処理の最適統合を図りスムーズな認識を実現するという。また、応答生成技術では登録ユーザーごとにユーザーモデルを生成し、相手に合わせて応答を使い分ける最新バージョンを搭載する。本技術については「会話を覚えて話す内容を変えたり、振る舞いが変わっていくような学習性能も今後バージョンアップにて対応予定」とのこと。

操作ボタンはほとんどなく、センサーなども下部に集中して配置している

応答生成技術では登録ユーザーごとにユーザーモデルを生成

なお、他社との協業展開やAPI公開およびサードパーティー向けへの技術開放については現時点では未定としたものの、「発売以降、ユーザーの声や実証実験でのフィードバックを集めて全体ニーズを把握してから、協業も含め、API公開や配布の方法を考えていきたい」とした。

ソニーストアでのイベントも予定

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE