開始が20時とちょっと遅め

会社帰りにお酒と室内楽で贅沢な時間を。サントリーホールで室内楽の祭典が開催

編集部:小澤 麻実
2016年06月13日
今年開館30周年を迎えるサントリーホール。6月4日から26日まで、室内楽の祭典「チェンバーミュージック・ガーデン2016」が開催される。会場はブルーローズ(小ホール)。


ヴァイオリニスト・五嶋みどりや、ウィーン・フィルのコンサートマスター ライナー・キュッヒルが率いる弦楽クァルテット、日本では数少ない常設の弦楽四重奏団「クァルテット・エクセルシオ」によるベートーヴェン・ツィクルス、シンガポールとの交流プロジェクトなど、バリエーション豊かな充実したプログラムが用意されている。

なかでも17日、22日、24日には「ENJOY!ディスカバリーナイト」と題した演奏会が行われる。こちらは開始時間が20時と少し遅く、会社帰りの方にも優しい時間設定。プログラムも、ヴィヴァルディのギター協奏曲やパガニーニの四重奏曲といった、ふだんなかなか聴くことのできない曲を揃えている。また24日は、テノールのジョン・健・ヌッツォとホルンのラデク・バボラークの豪華な共演も予定されている。

まさに新しい音楽を“ディスカバリー”できる演奏会。ワンドリンク付きなので、気軽に足を運んでみてはいかがだろうか。

6月22日(水):ENJOY! ディスカバリーナイトII  20:00〜21:30
<曲目>
・ヴィヴァルディ: ギター協奏曲 ニ長調 RV93
・パガニーニ: 四重奏曲第6番 ニ短調 op. 5-3
      : 協奏的ソナタ イ長調 op. 61
・ジュリアーニ: ギター五重奏曲 ハ長調 op. 65
<出演>
・ギター:大萩康司
・ヴァイオリン:原田陽、堀内由紀
・ヴィオラ:廣海史帆
・チェロ:新倉瞳
<チケット>指定3,500 サイドビュー2,000 ペア6,000(同一の公演×2枚)
>>詳細はこちら


6月24日(金):ENJOY! ディスカバリーナイトIII  20:00〜21:30
<曲目>
・シューベルト: 君はわが憩い D776/ます D550
・ブリテン: テノール、ホルンと弦楽のためのセレナード op. 31 など
<出演>
・テノール:ジョン・健・ヌッツォ
・ホルン:ラデク・バボラーク
・ピアノ:マリオ・ヘリング
・CMGアンサンブル(指揮:吉田誠)
<チケット>指定5,500 サイドビュー4,000 ペア10,000(同一の公演×2枚)
>>詳細はこちら

関連記事