新刊自動購入。キャンペーンも

ソニー、Reader Storeで新刊雑誌の自動配信サービス開始

ファイル・ウェブ編集部
2014年03月25日
ソニーは、電子書籍販売サイト「Reader Store」にて、新サービス「新刊自動購入」の提供を開始した。

「新刊自動購入」している雑誌の新刊が配信されると、「最近購入した本」にサムネイルが自動で追加される

「新刊自動購入」は、新刊雑誌が配信日当日にユーザーのReaderアプリの本棚に自動配信されるサービス。対象雑誌は、本日3月25日時点で「週刊アスキー」「DIME」「文藝春秋」「Oggi」「MEN'S CLUB」「dancyu」など約200タイトルを揃えており、今後さらに拡大予定としている。

決済は毎号決済で、購読期間分を先払いする定期後続システムとは異なっており、いつサービスを退会しても問題ない。継続特典も用意しており、週刊誌/隔週誌12号分、月刊誌/隔月誌6号分(週刊誌3ヶ月/月刊誌6ヶ月分)を連続で購入したユーザーには、総購入費用に対して8%のポイントがプレゼントされる。

本サービスの申込は、雑誌の商品詳細ページ右下の新刊自動購入「申し込み」ボタンをクリックし、支払い方法などを登録することで行える。

サービス申し込みは雑誌の商品詳細ページ右下の新刊自動購入「申し込み」ボタンから

現在Reader Storeでは、本サービスの開始を記念して「Reader Storeで雑誌をもっと!キャンペーン」を実施している。「DIME」や「週刊東洋経済」「AneCan」など、通常400円〜1,500円の人気雑誌約20タイトルのバックナンバーを100円(税抜)で提供中だ。加えて、NHKテキスト10誌を1冊にまとめた「NHKテキスト 4月号無料お試し版」も限定配信している。キャンペーン期間は5月1日(木)23:59まで。

また、PS Vita版のReaderアプリでも雑誌コンテンツがが読めるようになった。形式はEPUB3に対応しており、Reader Storeで取扱中の雑誌ほぼ全てが読めるとしている。

PS Vita版のReaderアプリでも雑誌が読めるようになった

チャプタージャンプで移動もラクラク

なお、PS Vita向けReader Storeから「新刊自動購入」サービスに申し込むことはできないが、PC向けストアやスマホ向けストアから同サービスに申し込んだ雑誌の配信先としてPS Vitaで閲覧することはできる。

関連記事