国内の販売台数は37万台

PS4の実売台数が世界累計で600万台を突破

ファイル・ウェブ編集部
2014年03月04日

PS4
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、同社のゲーム機「PS4」の実売台数が、3月2日時点で累計600万台を達成したと発表した。

2月22日に発売した日本国内の販売台数は、3月2日までで37万台。600万台にはこの37万台が含まれている。

さらにPS4専用ソフトの売上げも好調に推移していると同社では説明。累計実売本数は3月2日までに1,370万台に達したという。

さらに有料の会員サービス「プレイステーション プラス」(PS Plus)会員数も増加。同社では「PS4以降爆発的に増加」と表現しており、PS4購入者の半数意向が同サービスに加入しているという。ディスカウントやセーブデータお預かり、フリープレイなどに加え、PS4ではオンラインマルチプレイや自動パッチダウンロードなどのサービス/機能も用意している。

PS4の目玉機能であるソーシャル連携については、FacebookやTwitterなどで、これまでに1億回以上コンテンツ共有が行われたほか、UstreamやTwitchを通じたゲームプレイの生中継は360万回以上に達し、これらの生中継はPS4ユーザーに5,600万回以上観戦されたという。

【問い合わせ先】
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
インフォメーションセンター
TEL/0570-000-929

関連リンク

関連記事