HDMIからのリニアPCM 6ch出力などにも対応

任天堂、新ゲーム機「Wii U」詳細を発表 − 「New SUPER MARIO BROS.U」発売もアナウンス

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年06月06日
任天堂は、現在ロサンゼルスで開催中のゲーム見本市「E3」にて、次世代家庭用ゲーム機「Wii U」を披露。詳細なスペックや、対応ソフト「New SUPER MARIO BROS.U」なども発表された。

「Wii U」(クロ)

「Wii U」(シロ)

「Wii U」は2012年末の発売を予定。詳細な発売日や価格は明らかにされていない。172W×46H×268.5mm(突起部含まず)、約1.5kgの本体と、6.2インチタッチスクリーンを備えた新コントローラー「Wii GamePad」がセットになっている。もちろんWiiリモコンやWiiリモコンプラス、Wii U PRO(最大4本まで同時接続可能)、バランスWiiボードなど既発売のWiiコントローラーを使うことができる。カラーは「クロ」と「シロ」が用意されている。

Wii Uのプレイイメージ

本体には光ディスクドライブと、前後面2つずつ、計4つのUSB 2.0端子を搭載。フラッシュメモリを内蔵するほか、SDカードや外付けUSB-HDDを接続することで容量拡張が可能だ。CPUはIBM Powerを基にしたマルチコアプロセッサー。GPUはAMD Radeonを基にした高精細度GPU。無線LAN(11b/g/n)に対応するほか、別売のWii専用LANアダプターをつかってインターネットに接続することも可能。HDMIからの最大1080p映像出力や、リニアPCM 6ch音声出力にも対応する。

Wii GamePadは外形寸法255.4W×133.4H×41Dmm(突起部含まず)、質量約500g。充電式で、タッチスクリーンのほか十字キー、A/B/X/Yボタン、L/Rボタン、ZL/ZRボタンを備えている。またジャイロセンサー、振動機能、カメラ、マイク、ステレオスピーカー、センサー部、タッチペン、近距離無線通信(NFC)機能、スピーカーを備えている。約2時間30分の充電で、約3〜5時間の使用が可能だ。

赤外線通信機能を備えており、テレビや周辺機器と通信。テレビコントロールボタンも備えており、テレビのボリューム操作などを行える。この機能はWii Uの電源が入っていないときでも使えるとのこと。

左右に動かして遊べるほか、タッチペンを使った操作も可能。トレーラーを見たところ、ゲーム画面に落書きをするなどの操作もできるようだ。また、新コントローラーとWiiリモコンプラスを組み合わせて遊んだり、テレビと2画面で遊ぶスタイルも紹介されている。また、webサイト閲覧なども行える。

そしてWii GamePadはコントローラーとして使うことはもちろん、テレビが視聴中の際にも単体でゲームを遊ぶことができ、「多くのゲームはGamePadに映してそのまま遊べる」とのことだ。

「Wii U」用の新ソフトとして、「New SUPER MARIO BROS.U」、「Nintendo Land」、「Wii Fit U」、「GAME & WARIO」などのタイトルが発表された。なお、これまでに発売されたWiiゲーム(一部除く)や周辺機器(一部除く)との後方互換性も備えているとのことだ。

「New SUPER MARIO BROS.U」などのタイトルが発売されるとのこと

関連記事