高まるソーシャルゲームの存在感

東京ゲームショウ2011が開幕 − PS Vitaと3DSの試遊機に高い注目、ユニークな周辺機器も

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2011年09月15日
コンピュータエンタテイメントの総合展示会「東京ゲームショウ2011」が千葉・幕張メッセにて本日より開幕した。本日15日と明日16日はビジネスデーで、一般公開は17日、18日の2日間。


■PS Vitaとニンテンドー3DSに高い注目

前日にソニー・コンピュータエンタテインメント(関連ニュース)、前々日には任天堂(関連ニュース)が発表を行っていたこともあり、ゲームショウでもPS Vitaとニンテンドー3DSの新作タイトルは注目が高く、試遊台にも多くの人が各所で列を作っている。

PS VitaはSCEブースで集中的にデモを実施。各社から発売されるソフトの体験スペースをブース内に展開しており、どのタイトルも50分〜80分待ちになるなど、注目度の高さをうかがわせていた。

PS Vita

背面の様子


SCEのブース。PS Vitaの試遊に長い列が出来ていた

なお、ブース内には本体のカラーバリエーションモデルや本革のキャリングケースなども参考展示。アクセサリー類なども充実させていく予定であることを展示している。

オレンジモデルなど全8色のカラバリを参考展示

ホワイトモデル


本革ケースなどのアクセサリー類も参考出展

また、3D対応の24インチ 3Dディスプレイ「CECH-ZED1J」(関連ニュース)の体験スペースや、torneを使ってのソニー製品によるテレビ録画の楽しさを伝えるコーナーなども展開されている。

CECH-ZED1J

一方のニンテンドー3DSは、従来通り任天堂の出展こそないものの、対応ソフトを発売する各メーカーがそれぞれで体験スペースを用意。カプコンの「モンスターハンター3(トライ)G」やコナミ「NEWラブプラス」など、任天堂のカンファレンスで明らかになった新作もさっそくプレイすることができる

「NEWラブプラス」の体験コーナー

“彼女”の姿が入った限定デザインの3DS本体同梱版も発売される


初音ミクを題材にしたセガの音ゲー「Project mirai(仮)」もプレイ可能

「熱血硬派くにおくん」も3DSで登場


モンスターハンターの試遊は整理券方式で、午前中の早い段階で整理券配布は早々と終了していた

■ますます大きくなるスマホやタブレットの存在感 − ソーシャルゲームの勢いが増す

Xperia PLAYの日本市場投入が発表されたこともあってか、会場内にはスマートフォンとタブレットに関するブースも大きく展開。Xperia PLAYを実際にプレイできたり、スマホ/タブレット用ゲームの紹介コーナーが展開されている。

Xperia PLAYの体験ブース

スマホやタブレット対応ゲームの展示コーナー

またGREEが巨大なブースを展開していたり、自社ブースの一角にソーシャルゲームの紹介スペースを設けるソフトメーカーが複数見られるなど、ゲームショウにおいてもソーシャルゲームの存在感が日に日に大きくなっていっていることを実感した。

GREEが大きなブースを展開

オリジナルや移植版など自社作品がケータイやタブレットで遊べることを紹介しているメーカーも多い

■周辺機器にもユニークな製品が多数

会場内には「ゲームデバイスコーナー」と銘打った周辺機器系の展示コーナーも設けられ、各メーカーからユニークな製品が出展されている。

ゲームテックは、HDMI信号をワイヤレスで送受信し、テレビとゲーム機をケーブルレスで接続できるアダプターや、ゲームをプレイしている様子をHD画質(D端子接続)で遅延無くキャプチャーできる「GAME CAPTURE」などを参考出展。ワイヤレスアダプターは2012年発売で3万円程度、「GAME CAPTURE」は今冬発売で19,800円程度になる予定だという。

HDMIワイヤレスアダプターの試作機

ゲームキャプチャーの試作機

Weston製品などを取り扱い、オーディオビジュアルファンからの知名度が高いシネックスは、アメリカのゲーミングオーディオ製品市場で90%以上のシェアを誇るというTURTLE BEACH社製品の取り扱いを開始。ヘッドセットなどをブースで紹介している。

なかでもユニークなのが“EAR FORCE”「Z6A」で、左右それぞれに4基ずつのスピーカーを搭載。これによりヘッドセットでありながらバーチャルではない5.1chサラウンドに対応する。価格は1万円程度になる見込みで、本機を始めとした同ブランド製品は今秋から発売される予定だという。

“EAR FORCE”「Z6A」

上部がセンター、下部がウーファー、真ん中の2個がそれぞれフロントとリアを受け持つ

■LGが3D体験ブースを展開 − 裸眼3DディスプレイやOptimus 3Dも

会場の一角にはLGが「3Dテレビ 3D液晶モニター体験コーナー」と題したブースを展開。「LW6500シリーズ」を始めとした“CINEMA 3D”液晶テレビや、3D対応液晶モニターの紹介を行っている。

3Dテレビ・3D液晶モニター体験コーナー

また、同ブースでは発表されたばかりの裸眼3D対応液晶モニター「D2000N-PN」も展示。同製品は視差バリア方式による裸眼3D表示に対応し、画面サイズは20インチワイドで解像度が1,600ドット×900ライン。10月上旬発売で、予想実売価格は13万円前後。

D2000N-PN

さらに、こちらも裸眼3D対応のスマートフォン「Optimus 3D」を参考展示。Android 2.2を搭載し、本体側部には2Dと3D表示の切り替えボタンも装備しているという製品で、韓国などでは発売中だが、日本市場への投入は「まったくの未定」(同社スタッフ)とのことだった。

Optimus 3D

側面に3Dボタンを装備


背面には二眼カメラも搭載

関連記事