スカパー!、改ざんB-CASカードを使った有料番組不正視聴について「法的措置も検討」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年05月21日
(株)スカパーJSATホールディングスは、改ざんしたB-CASカードを使った有料放送の不正視聴について、「関係当局及び関係各社との連携の上、本件に厳正な対応をしていく」という声明を発表した。

同社は「現在、インターネット上の掲示板型サイト等において、有料放送の不正視聴につながる、B-CASカードの改ざん方法及び改ざん行為の報告が継続的に投稿されていることは認識している」とし、「当該一連の行為は、有料多チャンネル放送全体の健全な普及拡大に大きな悪影響を与えかねず、看過できない」とコメント。「スカパー!e2」の不正視聴行為については、損害賠償請求を含めた法的措置を検討しているという。また、技術的対応についてはB-CAS社に検討を依頼しているとのことだ。

関連記事