かんたんにデジタル教科書を制作・閲覧

アップル、書籍リーダー「iBooks 2」と制作ソフト「iBooks Author」を公開

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月20日
アップルは、iOS機器向けの電子書籍アプリ「iBooks」バージョン2.0を公開した。App Storeから無償でダウンロードできる。

バージョン2.0では、デジタル教科書「iBooks テキストブック」に対応。iPad向けに作られた、マルチタッチ対応のインタラクティブなテキストブックが閲覧できる。

「iBooks テキストブック」の画面イメージ

またテキストを指で選択し、蛍光ペンのように選択箇所をハイライト表示したり、重要な箇所にメモを加えたりすることも可能。加えたハイライトやメモなどは、後から学習カード機能でまとめて閲覧できる。

なお、iBooksテキストブックを制作するためのMac向けソフト「iBooks Author」も公開された。Mac App Storeから無償でダウンロードできる。

「iBooks Author」では、テキストや画像はもちろん、動画やグラフ、3Dデータ、Keynoteのスライド、Wordのデータなどをかんたんな操作で配置し、編集することが可能。制作したテキストブックは、iPadを使い、マルチタッチ操作で閲覧することができる。

「iBooks Author」の制作画面イメージ

制作したテキストブックは、無償で公開することはもちろん、iBookstore販売者アカウントを作成することで、ストアで販売することが可能。iBookstore に送信されたブックは、アップル独自の著作権保護技術「FairPlay DRM」で保護される。

関連記事