専用UMDの販売本数は約3億本

PSPの累計売上台数が7,000万台を突破 − 発売から約6年半で

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月07日
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PSPの全世界累計売上台数が、2011年4月27日時点で7,000万台を達成したと発表した。

現行の「PSP-3000」シリーズ

PSPは2004年12月12日に「PSP-1000」が日本で発売。その後2005年に北米、アジア、欧州でも販売を開始した。

その後2007年9月には薄型・軽量化を実現した「PSP-2000」シリーズを投入。2008年10月には高画質化を図り、内蔵マイクも標準搭載した「PSP-3000」シリーズを発売した。さらに2009年10月にはPSP goも発売開始した(現在は販売完了)。

SCEによると、これまでPSP専用ゲームソフトとして、全世界で延べ3,200以上のUMDタイトルが発売され、累計売上本数は2011年3月末時点で2億9,800万本を超えているという。

関連記事