盗難時の情報漏洩などを防ぐ

HDDを取り外すと記録データが自動的に無効化される技術、東芝が開発

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月10日
(株)東芝は、HDDにおける暗号化技術を応用した情報漏洩防止技術の新技術として、HDDを取り外したときなどに記録データを自動で瞬時に無効化する技術を開発したことを発表した。

本技術の概要

今回同社が開発したのは、ディスク上に記録された暗号化データを解読するための「暗号鍵」をHDDへの電源供給が断たれた場合に自動で消去し、記録データを瞬時に解読不能にするという技術だ。HDD内の記録領域を複数に分割し、各領域について「電源オフ時にデータを無効化する」「電源オフでもデータは無効化せず暗号化状態で保護する」など、属性の設定も可能。

本技術によって自動的にデータを無効化することができるようになるため、HDD盗難時でも情報漏洩防止が図れるようになる。

東芝はこの技術をはじめ暗号化技術を応用したデータ無効化技術を「忘れ去るHDD」技術と総称し、新たなHDDの情報セキュリティ技術として提供する予定。今後暗号化機能付きHDDにオプションとして搭載するなどの提案を行っていくという。

関連記事