検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの提供を受ける

Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンを採用へ

ファイル・ウェブ編集部
2010年07月27日
Yahoo! JAPANは、Googleの検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムのサービス提供を受けることを発表した。

検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの提供を受けるのはウェブ、画像、動画、モバイルの4領域。提供された検索エンジンはYahoo! JAPAN独自の調整を加えながらカスタムするとのことで、同社は「利用者はYahoo! JAPANのサイト上で、引き続きGoogleのサイト上とは違う体験ができると考えられます」とコメント。今後もYahoo! JAPANは検索ページや検索サービスを自ら運営していくことに変わりない、と強調している。

今回の決定に至った背景には、昨年7月にYahoo!Inc.が検索エンジンと検索連動型広告配信技術の提供をマイクロソフトから受けると決めたことがある。これを受けYahoo! JAPANも同システムの比較検討を行った結果、Googleのシステム提供を受けるのがベストであるとの結論に至ったとのことだ。

なお、Google提供システムへの切り替え時期は現時点では未定とのこと。今後、詳細を協議のうえ決定するという。またこのシステム提供の契約期間は当初2年だが、Yahoo! JAPANが断らなければ自動的に2年延長され、それ以降についても双方が合意すれば更新することが可能だという。

また、Yahoo! JAPANもGoogleにデータを提供。現在ロボットでデータを収集しているGoogleにYahoo! JAPANから直接データを提供することで、更新ページがより速く検索結果に反映されるメリットがあるとのことだ。

関連記事