GUIを一新

Microsoft、スマートフォン向け新OS「Windows Phone 7」を発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月16日

「Windows Phone 7」の画面イメージ
米Microsoftは、スマートフォン向けOS「Windows Phone」の次期バージョン「Windows Phone 7」シリーズを発表した。端末メーカーはすでに開発を始めており、2010年のホリデーシーズンには同OSを搭載した端末が発売される見込み。

これまでのバージョンからGUIが大幅に刷新されており、スタート画面には「ライブ タイル」が表示され、状況に応じてタイルの内容はアップデートされる。これにより友人のソーシャルメディアなどへの投稿状況や最新の写真などを知ることができる。

端末にはBing検索を行うためのハードウェアボタンも装備され、携帯端末の中身はもちろん、ウェブの関連情報も検索できる。

また同OSでは、機能を統合する「ハブ」として、「People」「Pictures」「Games」「Music + Video」「Marketplace」「Office」の6つを用意。このうち「Music + Video」は同社のデジタルメディアプレーヤー「Zune」と同様の機能が提供される。また「Games」では「Xbox LIVE」と連携し、ユーザーのアバターやプロフィールを見ることができる。

同OSを搭載した端末は、Dell、Garmin-Asus、HTC、HP、LG電子、サムスン電子、ソニーエリクソン、東芝、クアルコムが開発を表明しているという。

関連記事