HOME > ニュース > Bluesky、招待制を終了し誰でも登録可能に

ガジェットインフラ安定でついに解禁

Bluesky、招待制を終了し誰でも登録可能に

Gadget Gate
2024/02/07 Munenori Taniguchi
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Twitter創業者のジャック・ドーシー氏らが設立した分散型SNS「Bluesky」が、長らく続いた招待制を終了することを明らかにした。これで、Blueskyへの登録を希望する人は誰でもアカウントを作れるようになった。

イーロン・マスク氏がTwitter(現X)を買収し、会社幹部をはじめ世界中の従業員を続々と解雇するなか、Twitterユーザーの一部はTwitterライクな他のSNSを探し求めるようになった。そして当時、新興SNSとして最も注目を集めたのが、Metaが用意した「Threads」と、旧Twitterとのつながりが深い「Bluesky」だった。

Threadsは、基本的にInstagramのコンパニオンアプリであり、登録するにはまずInstagramユーザーである必要があった。ただ、そもそもInstagramが世界的にはTwitterを大きくしのぐ規模のSNSであり、Threadsは公開からわずか24時間で3000万人を超えるユーザーを獲得する勢いを示した。

一方、Blueskyはマスク氏がTwitterを買収する少し前に、Twitterから1300万ドルの資金を得て活動の足固めをしたところであり、ようやくベータ版としてサービスが始まったばかりだった。

Blueskyは、Threadsを含む他のほとんどのSNSとは異なり、一般市民が利用できる公益法人として登録されている。ただし、まだ立ち上げたばかりのインフラを維持するためもあり、アカウントの開設は招待コード持つ者に制限するという、Threadsとは対照的な方法を採用した。

一時期は、この招待コードが高値で取り引きされるような状況が話題にもなったが、招待に関しては現在は落ち着いている。それでいて、ゆるやかながらも順調にユーザー数は増えており、2023年9月に100万人、11月には200万人、そして2024年早々には300万人に到達している。

BlueskyのCEOジェイ・グラバー氏はThe Vergeに、Blueskyの招待制解除にこれほど時間がかかった理由は、特定のモデレーション機能を完成させ、インフラを安定した状態にする必要があったからだと語った。

Blueskyのフルタイム従業員数は現在、40人弱と非常に小さな所帯となっている。しかもその約半数が、モデレーションとユーザー サポートに携わっているということから、分散型SNSでありながら、一定の秩序を保つためのモデレーション能力を備えることを重視していることがわかる。

また、ユーザーが自身のアカウントで表示するタイムラインは、2万5000以上あるカスタムフィードから選べるようになっている(自分で作ることもできる)ところもユニークと言えるかもしれない。

Blueskyは今月にも、自らが採用するATプロトコルを有効化することを計画している。これにより、理論上はサードパーティがATプロトコルを採用する独自のサーバーを設置し、独自のルールで運用することが可能になる。ATプロトコルを採用するサーバーは、フェデレーションと呼ばれる相互接続機能によりBlueskyを含む他のサーバーとも接続できるようになる。これはThreadsやMastodonが採用するActivityPubプロトコルと同様の機能だ。

ただ、グラバー氏は「われわれは一夜にしてネットワーク全体が変わってしまうことがないよう、レート制限など徐々に展開することから始めると思う」と述べ、実験的・段階的にATプロトコルの有効化を進めていくことになるだろうとした。

Blueskyはアクティブなユーザーベースがあり、すでにある程度のコミュニティもできあがって、着実な人気を得ている。一般公開により、これからどのように成長していくのかが注目されるところだ。

Source: Bluesky
via: Mashable, The Verge

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック