HOME > ニュース > Insta360、3軸ジンバル搭載の4Kウェブカメラ「Insta360 Link」。AIでユーザーを自動追尾

ジェスチャー制御にも対応

Insta360、3軸ジンバル搭載の4Kウェブカメラ「Insta360 Link」。AIでユーザーを自動追尾

2022/08/02 編集部:平山洸太
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Insta360Japanは、AI搭載のウェブカメラ「Insta360 Link」を8月2日に発売する。価格は45,800円(税込)。

「Insta360 Link」

3軸ジンバルと内蔵AIアルゴリズムにより、常にユーザーをフレーム内に収められるウェブカメラ。ジェスチャー制御にも対応し、指の形で追跡をオン/オフしたり、ズームイン/アウトを行ったりできる。

解像度は最大4K/30fpsで、撮像素子には1/2インチのセンサーを搭載する。レンズの明るさはF1.8で、焦点距離は26mm(35mm換算)。またシャッタースピードは最大1/8000、感度はISO100 - 3200となる。

使用イメージ

取り付け部分は可動式

HDRモードを搭載し、ハイライトとシャドウのバランスを改善することで、背景が白飛びするのを抑制。PDAF(Phase Detection Auto Focus)によるオートフォーカスを備え、最短10cmまでのピント合わせが可能だ。

3つのモードを搭載し、ポートレートモードでは9:16比率のライブ配信を行うことも可能。またオーバーヘッドモードでは俯瞰視点となり、製品の開梱やデザインのスケッチに最適だとしている。ほか、ホワイトボードモードを搭載する。

正面にはデュアルノイズキャンセリングマイクを搭載。背面にはUSB Type-C端子を搭載し、付属の USB C to CケーブルでPCと接続できる。USB Type-A端子に変換するアダプターも付属する。

背面部

また専用ソフトウェア「Link Controller」を使用することで、マウスを使ってジンバルをコントロールすることも可能。ソフトではズームの調整なども行える。外形寸法は69×41×45mmで、質量は106g。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック