堅牢性も確保

DJI、磁石で着脱できるアクションカメラ「Action 2」。モジュラー設計を採用

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月28日
DJIは、モジュラー設計のアクションカメラ「DJI Action 2」を発売した。価格は49,500円(税込)。また、フロントタッチ画面モジュールを追加した「Action 2 Dual-Screenコンボ」が63,800円(税込)で用意される。公式オンラインストア以外は11月3日以降の発売を予定する。

「DJI Action 2」

マグネット着脱式デザインを採用することで、幅広い用途や使い方に対応するアクションカメラ。ヘルメットや衣装、サーフボードに取り付けるなど、さまざまな撮影が行える。

本体はIP68の防塵防水性能や耐衝撃性を確保。防水ケース使用時は60m、単体でも水深10mまでの水中撮影に対応する。背面には1.76インチのOLEDタッチ画面を搭載するほか、操作時には触覚フィードバックも利用可能。画面のカバーガラスにはゴリラガラスを採用する。

使用イメージ

カメラには1/1.7インチセンサーを搭載し、最大4/120fpsの動画撮影が行える。レンズの画角は155度FOVの超広角で、色温度センサーも装備。独自の電子式映像ブレ補正「RockSteady 2.0」を搭載しており、新機能のHorizonSteadyでは、映像の水平位置をキープした撮影に対応する。

Dual-Screenコンボに付属するフロントタッチ画面モジュールを接続することで、カメラ前面からでも映像を確認しながらの撮影が可能。また接続により、カメラのマイク1つとモジュールのマイク3つを組み合わせ、全方向からの音声を録音できる「DJI マトリックス ステレオ技術」にも対応する。

「フロントタッチ画面モジュール」を組み合わせた様子

バッテリー駆動時間は70分(1080p/30fps時)。フロントタッチ画面モジュールに接続することで160分、電源モジュールに接続することで180分まで延長することも可能だ。外形寸法は39×39×22.3mmで、質量は56g。

ほか、各種モジュールを用意。磁気ストラップ、磁気ボールジョイント アダプターマウント、磁気アダプターマウントが付属品として同梱される。また、上述の防水ケースや電源モジュールをはじめ、フローティングハンドル、マクロレンズ、延長ロッドなども別売でラインナップする。

関連記事