「日本国内でも発売を検討」

ソニー「α7 IV」が海外発表。約3,300万画素、4K60p動画対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月22日
ソニーは、フルサイズミラーレスカメラ「α7 IV」を海外発表した。価格は2,500ドルで、12月発売を予定。なお日本での発売日・価格は未定だが、「日本国内でも発売を検討しております」とアナウンスしている。

「α7 IV」

同社フルサイズミラーレスの新ベーシックモデルが、海外で発表された格好。コンセプトは「ベーシックのその先へ」として、静止画と動画それぞれにおいて性能を高めた。

撮像素子には、新開発となる有効約3,300万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載する。感度は拡張で最大50 - 204800、ダイナミックレンジは15stop。10bitのHEIF形式にも対応する。

有効約3,300万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載

また、映像エンジンにはBIONZ XRを搭載し、フラグシップモデル「α1」で開発した最新の画像アルゴリズムを採用する。10種類のプリセットを選択可能な、クリエイティブルック機能も備える。

BIONZ XRを搭載

オートフォーカスは像面位相差となり、全体の94%をカバーする759点のAFポイントを搭載。従来からAF性能も高められ、EV -4の低照度限界、30%精度向上した瞳AF、鳥の瞳AFに対応する。また、αシリーズで初めて動画中でも鳥の瞳AFが利用可能となる。

連写速度は最大10fps。バッファメモリーの容量を増加することで、非圧縮RAW+JPEGで828コマ、圧縮RAW+JPEGでは1,000枚以上の連写が行える。F22までの明るさであれば、連写中のリアルタイムトラッキングも利用できる。


背面イメージ
動画性能としては、最大4K60p(スーバー35モード)、フルHD120pの撮影が可能。4K30p動画では、全画素読み出しの7K映像からオーバーサンプリングを行うことで、解像度の高い4K映像を出力できるとのこと。また、最大600Mbpsで10bit 4:2:2 ALL-Iの撮影が行える。αシリーズ初となる、フォーカス時の画角変動補正機能も搭載する。

本体はマグネシウム合金製で、ボディ内には光学式の5軸手ブレ補正を内蔵する。α1やα7S IIIと同様の放熱構造を採用し、従来よりも防塵防滴構造を強化。カメラ電源オフ時にシャッターがおりる機能に対応する。

光学式の5軸手ブレ補正を内蔵

ファインダーは約368万ドットのQuad-VGAビューファインダーを搭載。背面モニターはバリアングルとなり、大きさは3.0型、解像度は約103万ドット。タッチ操作にも対応する。上部の撮影モードダイヤルには静止画/動画/S&Qダイヤルを新設し、静止画モードと動画モードを切り替え可能。メニューや撮影パラメーター、ボタンのカスタムなども、それぞれ静止画用と動画用で切り替わる。

背面モニターはバリアングル

静止画/動画/S&Qダイヤルを新設

側面のUSB Type-C端子はUSB 3.2 Gen2に対応し、10Gbpsのデータ転送が可能。PCやXperiaに接続することで、ライブストリーミング配信が行える。外形寸法は約131.3W×96.4H×79.8Dmmで、質量は658gとなる。バッテリーにはNP-FZ100を採用し、連続撮影枚数は約580枚(背面モニター)。USB Type-C端子からUSB Power Deliveryによる充電や給電も可能。

上面イメージ

側面端子部

ほか、新型のクロップオンストロボ「HVL-F60RM2」「HVL-F46RM」も合わせて発表。こちらもボディと同様に、日本での発売を検討しているという。

「HVL-F60RM2」(左)/「HVL-F46RM」(右)

関連記事