8K60p撮影に対応

DJI、4軸ジンバル搭載シネマカメラ「DJI Ronin 4D」。垂直方向のカメラ揺れを低減

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月21日
DJIは、シネマカメラ「DJI Ronin 4D」を12月に発売する。価格は6Kコンボが869,000円、8Kコンボが1,320,000円(どちらも税込)。なお8Kコンボの発売日は現在未定。

「DJI Ronin 4D」

世界初だという4軸のジンバルを搭載するシネマカメラ。通常の3軸ジンバルに加えてZ軸の安定化機構を搭載することで、垂直方向のカメラの揺れを効果的になくすという。これにより、走ったりする場合や階段などの凹凸においても、歩行からの揺れの影響を抑えた映像が撮影できる。

本体はモジュール式で、Zenmuse X9 ジンバルカメラ、LiDARレンジファインダー、高輝度メインモニター、ハンドグリップ、トップハンドル、マウントなどを本体に組み合わせて使用する。6KコンボにはZenmuse X9-6K、8KコンボにはZenmuse X9-8Kが付属。6Kでは最大6008×3168/48fps、8Kでは最大8192×4320/60fpsの撮影が行える。

使用イメージ

撮像素子にはフルサイズセンサーを搭載し、14ストップ以上のダイナミックレンジに対応。カメラ内部には、9ストップのNDフィルター(ND2 - 512)を内蔵し、内蔵モーターによる切り替えに対応する。

レンズは交換式で、同社DLマウントに対応する3種類の単焦点レンズを利用可能。マウント自体を交換することで、Leica MマウントやEマウントのようなサードパーティー製のマウントもサポートする。また、専用モジュールによって、無線でのレンズ制御や、オートフォーカスに対応。LiDAR技術により、マニュアルレンズであってもオートフォーカスが行える。

1,500nitの明るさをもつ7インチモニター「4D 映像トランスミッター」に対応する。ジャイロセンサーを内蔵することでモーションコントローラーとしても利用可能。ワイヤレス映像レシーバーも内蔵し、最大4kmまでの1080p/60fps映像伝送に対応する。レシーバーは同時接続に対応し、複数のRonin 4Dからの映像を切り替えて使うこともできる。また、microSDカードにより、1080p/60fpsまでのプロキシ映像録画にも対応する。

「4D 映像トランスミッター」

カメラ本体の記憶メディアには、CFexpress Type-Bカードを採用する。音声については2チャンネルの24bitオーディオに対応したマイクを内蔵。3.5mmのマイク入力とヘッドホン出力、2基のXLRポートも備える。

ほか、バッテリーにはTB50 インテリジェントバッテリーを採用し、最大2.5時間の撮影が可能。全体の外形寸法は309×290×277mm、コンボ同梱のモジュールを全て取り付けた状態の質量は約4.67kg。

関連記事