S1Hのスペックと機能を継承

パナソニック、フルサイズセンサー搭載のBOXスタイルカメラ「LUMIX BS1H」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月08日
パナソニックは、ボックススタイルのミラーレスカメラ「LUMIX BS1H」を12月16日に発売する。価格はオープンだが、税込404,000円の実売が予想される。

「LUMIX BS1H」

同社ミラーレスカメラ「S1H」と同様の画質・動画性能を、マイクロフォーサーズ規格対応のボックススタイルカメラ「BGH1」のボディサイズに凝縮したモデル。ボックススタイルを採用することで、本体にアクセサリーや外部モニターを固定できるなど、拡張性の高さも特徴となる。

使用イメージ

撮像素子はS1Hと同じく、24.2メガピクセルのフルサイズセンサーを採用。ベース感度の異なる2つの回路を切り替えて高感度ノイズを低減する、Dual Native ISOを備える。V-Log撮影による14+Stopのダイナミックレンジや、V-Gamutによるシネマカメラ同等の広色域記録にも対応した。

本体内のファンで放熱することにより、時間無制限での動画撮影に対応。デュアルSDカードスロットを採用し、順次記録やバックップ記録も行える。ProResやBRAWといった動画RAWデータのHDMI出力も可能。また動画記録モードでは、6K/5.9K/C4K60pで4:2:0 10bit、C4K30p以下/HFRで4:2:2 10bitの記録に対応する。

本体内のファンで放熱を加速

最新のアルゴリズムによって頭部検出も可能な、リアルタイム認識AFを備える。撮影アシスト機能として、V-Log Lビューアシスト、フレーム表示、赤枠表示、アナモフィックデスクイーズ表示、ゼブラパターン、スポット輝度メーターを搭載する。

本体正面には、露出補正用のFnボタンおよびボタンロックを搭載。背面には4Kライブ配信が可能な有線LAN端子、別売の「XLRマイクロホンアダプタ―」などを接続できるホットシュー、HDMI出力、SDI出力、複数台のカメラの位相を同期できるTC IN/OUTとGenlockを搭載。また、DC電源入力、USB Type-C、マイク端子、ヘッドホン端子も備える。

背面端子部

関連リンク

関連記事