Lマウント用/ソニーEマウント用

シグマ、ミラーレス専用設計の超望遠ズームレンズ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年08月04日
シグマは、超望遠ズームレンズ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」を8月27日に発売する。LマウントとソニーEマウントの2種類がラインナップされ、価格は198,000円(税込)。

「150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」(Lマウント用)

同社Sportsライン初となる、ミラーレス専用設計の超望遠ズームレンズ。「超望遠撮影に求められる性能と機能、そしてビルドクオリティをプロフェッショナルユースにも応える高いレベルで実現」したとしている。

レンズ構成は15群25枚で、特殊硝材として4枚のFLD、2枚のSLDを採用する。全域で高い解像感とクリアな描写の実現を目指したとするほか、アウトフォーカス部分の描写にも配慮。また、フレアやゴーストへの高い耐性も追求した。

レンズ構成図

約4段分の手ブレ補正OS機構を搭載。最短撮影距離は58cm(150mm時)で、最大撮影倍率は1:2.9(180mm時)。Lマウント用では、1.4倍や2倍のテレコンバーターを使用することで、最大1200mmでのAF撮影が行える。また、絞りは9枚羽根の円形絞り。

AF駆動用にステッピングモーターを採用することで、素早く静かなオートフォーカスと、動体への高い追従性を実現。また、高精度磁気センサーを搭載し、フォーカスレンズの移動量が大きい超望遠レンズにおいても、正確な位置決めを図っている。

操作面では、カメラ側から任意の設定を割り当てられるAFLボタンを3ヶ所に備える。また、OSスイッチやカスタムモードスイッチも搭載。Lマウント用ではUSB DOCKを使用することで、カスタムモードスイッチに任意のフォーカスリミッターを設定できる。

デュアルアクションズームに対応し、ズームリングでのズーム操作に加えて、直進ズーム操作が可能。加えて、トルクの切り替えとワイド端でのロックが行える「ズームトルクスイッチ」を新搭載する。

ボディの素材には、アルミニウムに近い熱収縮率をもつポリカーボネートTSCを適所に採用し、ミラーレス専用設計の利点を活かすことで、堅牢性と小型軽量化を追求。防塵防滴構造を採用するほか、レンズ前面には撥水防汚コートを施している。

また、アルカスイスに対応するマグネシウム合金製の三脚座を装備。三脚座の脚部は取り外しできるため、用途に応じて、別売の脚部交換式三脚座「TS-81」や一脚の装着が行える。外形寸法はφ109.4×263.6mmで、三脚座込みの質量は2,100g。フロントキャップとリアキャップに加えて、かぶせ式フード、かぶせ式レンズキャップが付属する。

関連リンク

関連記事