高解像でキレのある描写を追求

オリンパス、超広角から標準までカバーしたズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年06月09日
OM デジタルソリューションズは、マイクロフォーサーズ規格準拠の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」を6月25日に発売する。価格は176,000円(税込)。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」

超広角16mm相当から50mm相当(35mm判換算)まで3.1倍のズームが行えるレンズ。レンズ構成は10群16枚で、スーパーEDレンズやEDレンズ、EDAレンズなどの特殊レンズも採用。諸収差を抑えることで、ズームレンズにおいて高解像でキレのある描写を追求した。

レンズ構成図

また大型のDSAレンズにより、サジタルコマ収差を低減させ、点像再現性にも配慮。ZEROコーティングとレンズ形状の最適化により、逆光撮影時のゴーストやフレアの発生を大幅に抑制したという。

IPX1相当の防滴性能、防塵性能、-10度の耐低温性能を採用。最前面のレンズにはフッ素コーティングが施され、ブロアーや布で汚れを除去できる。また、オートフォーカスからマニュアルへ切り替えできるマニュアルフォーカスクラッチ機構、構えたまま親指で設定変更できるL-Fnボタンを搭載する。

組み合わせイメージ(OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III)

最大撮影倍率0.42倍のマクロ撮影が行える。最短撮影距離はズーム全域で0.23m。手前から奥までピントがあった写真をカメラ内で合成する深度構成モードにも対応する。外形寸法は⌀77×88.5mmで、質量は411g。また、フィルターの取り付けにも対応し、フィルター径はΦ72mmとなる。

関連リンク

関連記事